連載
» 2016年08月04日 07時14分 公開

「うれしい派」の人は、迷うビジネス著者が語る、リーダーの仕事術(2/2 ページ)

[中谷彰宏,ITmedia]
前のページへ 1|2       

 例えば、トイレの掃除をしても、誰がしたかは分かりません。トイレを使う人が、トイレ掃除をしている人に「ありがとう」と言う場は、ないのです。

 しんどい仕事をしたら給料がいいとは限りません。「ほめなくてもいいから、せめて感謝ぐらいはしてほしい」と言っていたら、人のために何かをするという行為はできなくなります。

 現実は、人のためによかれと思ってしているのに怒られるのです。ボランティアは、ほとんどがそうなります。人助けをしているのに、助けている人から文句を言われます。ここで「うれしい派」の人はいなくなります。「人に喜ばれるのが好き。だから接客業が好き」と言う人は、ここで行き詰まって人間嫌いになるのです。

結果を求めると、迷う

 「うれしい派」の人は、「自分の仕事で、これだけやったという結果が出てくるのがうれしいです」と言います。

 例えば、建設業で働いている人は「自分がかかわった仕事の建物が建つのがうれしいですね」と言うのです。この考え方は、「楽しい」ではなく、「うれしい」です。建物が建ったというのは、結果です。

 実際の仕事においては、ボツもあるし、競合で負けることもあります。「いいね」と言われていた企画が、最後のところで逆転してボツになるのです。ボツになった仕事、負けた試合が楽しいかということです。

 「○○ができると楽しい」というのは、結果が楽しいのです。それは「楽しい」ではなく、「うれしい」です。「結果」という見返りを求めているのです。

 「楽しい派」のモノづくりの人間は、結果が形にならなくても気にしません。全部ボツでも楽しいのです。そういうことを考えること自体が楽しいからです。

 「楽しい派」の人は、プレゼントを探している間が楽しいのです。「うれしい派」の人は、プレゼントをあげた相手が喜んでくれて、それでつき合うことになっては初めて「うれしい」と感じます。

 女性にお寿司をごちそうしてエッチをしようとしている男性は、「うれしい派」です。そういう人は、お寿司を食べている間は楽しくありません。「できれば、お寿司は省略したい。なしで済んだらいいのに」と思っています。満足するのは、エッチができた瞬間だけです。

 「楽しい派」の人は、お寿司を食べている時も、お寿司屋さんを選んでいる時も、なかなか予約がとれなくて四苦八苦している時も、エッチがなくてガッカリしている時も、「今度は何を食べに行こうかな」「何をしようかな」と考えている時も楽しんでいます。

 ずっと楽しいのです。ここに満足感があります。「楽しい派」の満足は、永遠です。「うれしい派」の満足は、一瞬にすぎません。実は、一瞬ですらなく、ゼロ秒です。女性とエッチできたとしても、「これなら高いカウンターのお寿司でなくても、回転寿司でもいけたかな。ムダな投資をしたな」と思うからです。

 結果は得られているにもかかわらず、「しくじった」「損した」という気持ちになるのです。断られたら、もちろん「損した」と思います。どちらに転んでも、満足度がないのです。そういう経験を何度も積み重ねていると、「またそうなるのではないか」というネガティブな予測しかできなくなります。

 結果、AかBかを選ぶこともできなくなるのです。結果より、目標を目指すことで、迷わなくなるのです。

著者プロフィール:中谷彰宏

作家

1959年、大阪府生まれ。早稲田大学第一文学部演劇科卒業。博報堂勤務を経て、独立。91年、株式会社中谷彰宏事務所を設立。

【中谷塾】を主宰。全国で、セミナー、ワークショップ活動を行う。【中谷塾】の講師は、中谷彰宏本人。参加者に直接、語りかけ質問し、気づきを促す、全員参加の体験型講義。

著作は、『迷わない人は、うまくいく。』(学研プラス)など、1,000冊を超す。


前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆