連載
» 2021年03月23日 07時00分 公開

アマンの創業者、エイドリアン・ゼッカが手掛ける旅館が尾道にオープンタイムアウト東京のオススメ

東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。

[タイムアウト東京,ITmedia]

 2021年3月1日、世界的リゾートブランド「アマン」の創業者、エイドリアン・ゼッカが手掛ける旅館、アズミ 瀬戸田(Azumi Setoda)が広島県尾道市瀬戸田にオープンしました。

「アマン」の創業者、エイドリアン・ゼッカが手掛ける旅館

 銭湯と旅籠が一体となった街の交流地、ユブネ(yubune)も同時開業。同宿は日帰り入湯が大人900円から可能で、ゼッカが追求する日本伝統文化の新たな表現を、幅広い価格帯で体験できる宿となっています。

 アズミ 瀬戸田は、明治初期に建てられた旧堀内邸を改装したもの。京都に拠点を置き、伝統的な日本建築に精通する六角屋の三浦史朗が手掛けました。天井まで約9メートルある開放的なダイニングなど、現代的なたたずまいながら、元の建築様式を生かすことで「まるで邸宅に招かれているような」心づかいを表現しています。

 約50〜70平方メートルの22室ある客室は、それぞれが垣根で仕切られ、個別に設計された坪庭が望めるプライベートな空間です。坪庭は造園設計集団、和想デザイン(WA-SO Design)によって客室から一体につながる自然を楽しめるよう設計されました。その他、あずまやとギャラリーなども完備しています。

 料理は地元の旬の食材、特に魚介類やかんきつ類、野菜が楽しめます。古くから瀬戸田が海上交易の要所であったことからアジアやペルシャなどをほうふつとさせるハーブやスパイスを使ったメニューも用意。また、旧堀内邸で保管されていた食器類も使われ、食卓に彩りを与えています。

 別棟のユブネは、約20〜30平方メートルの客室が14室と、男女別の浴室とサウナ、湯あがりラウンジを完備。浴室には、美術家のミヤケマイによる瀬戸内海の情景が描かれた銭湯壁画が施されています。男湯は昼、女湯は夜と異なる二つの壁画は疲れを癒やすだけでなく、視覚的にも安らぎを与えてくれるでしょう。季節に合わせて、瀬戸田ならではのレモン風呂や塩の湯などのサービスも実施。

 また、旅館ではサイクリングツアーや、瀬戸田の特産品であるレモン狩りなどの体験ツアーも用意しています。世界的ホテリエ、ゼッカのもてなしを堪能しながら地域の魅力に触れられる旅館に一度、訪れてみてはいかがでしょう。

 その他、「アマンの創業者、エイドリアン・ゼッカが手掛ける旅館が尾道にオープン」では、さらに詳しい情報を紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。

著者プロフィール:タイムアウト東京 編集部

タイムアウト東京は、ロンドンを中心に、ニューヨーク、上海、クアラルンプール、テルアビブ、アムステルダム、シドニーなど、世界108都市39カ国に広がるメディア、タイムアウトの東京版です。「本当に素晴らしいものは、世界のどこであれ誰であれ感動を与えてくれる」という考えの下、日本の優れたヒト、モノ、コト、コンテンツ、サービスを英語・日本語のバイリンガルで発信しています。


関連キーワード

旅館 | 風呂 | 建築 | イベント | サウナ | ブランド戦略


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆