連載
» 2020年12月15日 07時04分 公開

500円のターンテーブル? Technicsの製品が手のひらサイズにタイムアウト東京のオススメ

東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。

[タイムアウト東京,ITmedia]

 ターンテーブルは名機『SL-1200MK2』2台、ミキサーは『SH-DJ1200』。欲を言えばレコードを2枚使いでスクラッチしたいですね。それも、手のひらの上で。

驚くべきは見た目の精巧さだけではない

 ケンエレファント(Kenelephant)の人気カプセルトイシリーズ「ミニチュアトイコレクション」から、世界中のDJをはじめとする音楽ファンに愛されるオーディオ機器ブランド『Technics』とのコラボレーション『Technics(テクニクス)ミニチュアコレクション』が、2020年12月4日(金)から発売されました。

 ターンテーブルは、DJユースのレコードプレーヤーとして1979年に発売された『SL-1200MK2』、2019年発売の現行機種である『SL-1200MK7』『SL-1200』シリーズの生産累計300万台達成記念モデルとして限定発売された『SL-1200GLD』、04年に自走式CD用プレーヤーデジタルターンテーブルとして登場した『SL-DZ1200』の4種。アナログターンテーブルには、ちゃんと本物さながらのダストカバーが付いてくるところもニクいポイントです。

 これらに加え、1996年にDJプレイ専用として開発されたアナログ2chミキサー『SH-DJ1200』のミニュチュアもあり、ステレオヘッドフォン『EAH-DJ1200』が付属で付きます。いずれも、ボタンに印字されたナンバーや、ボディーの塗装感など、ディテールを忠実に再現しています。

 しかし、驚くべきは見た目の精巧さだけではありません。実際の機器に触れたことがある人にとっては思わずニヤッとしてしまうようなギミックも用意されています。 デジタルターンテーブル『SL-DZ1200』のミニチュアはCDパーツが付属しており、実機と同様に差し込み口へ出し入れすることができるのです。

 また、アナログターンテーブル(SL-1200MK2、SL-1200MK7、SL-1200GLD)のアームは可動式。「ラッキーVer.」として本物さながらの溝が彫られた、直径約3センチのレコード盤がランダムに封入されており、実際にレコード盤をターンテーブルにセットし、スクラッチする感覚を味わうこともできます。もはや開発者の執念と、レコードプレーヤーへの愛を感じさせる完成度の高さです。

 手掛けるのは「世界を面白くする」をモットーに、インテリアや日用品、食べ物などをリアルなミニチュアフィギュアへと落とし込んでいくフィギュアメーカーのケンエレファント。

 ミニチュアシリーズでは、家具メーカーの天童木工の椅子をはじめ、コインランドリーを展開するフレディ レックの洗濯グッズなど、マニア心をくすぐるコラボレーションを数多く世に送り出してきました。その完成度の高さを一度目にすれば、今回のTechnicsシリーズのみならず、ほかのシリーズにも手を出してしまいたくなるでしょう。

 『Technics(テクニクス)ミニチュアコレクション』は、全国のカプセルマシンほか、タワーレコードをはじめとしたレコードショップ、ロフト(一部店舗)、パナソニックミュージアム(大阪府)、ケンエレスタンドなどで販売されています。

 カプセルトイもレコードディグと一緒。ぜひコインを何枚も握りしめ、目当ての機種が出るまで挑んでほしいです。

 その他、『500円のターンテーブル? Technicsの製品が手のひらサイズに』では、さらに詳しい情報を紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。

著者プロフィール:タイムアウト東京 編集部

タイムアウト東京は、ロンドンを中心に、ニューヨーク、上海、クアラルンプール、テルアビブ、アムステルダム、シドニーなど、世界108都市39カ国に広がるメディア、タイムアウトの東京版です。「本当に素晴らしいものは、世界のどこであれ誰であれ感動を与えてくれる」という考えの下、日本の優れたヒト、モノ、コト、コンテンツ、サービスを英語・日本語のバイリンガルで発信しています。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆