連載
» 2020年10月20日 07時08分 公開

タイムアウト東京のオススメ:コロナビールが沖縄のホテル客室を買い取り、旅行業界をサポート

東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。

[タイムアウト東京,ITmedia]

 ビールブランドの「コロナ エキストラ」が、新型コロナウイルス(COVID-19)の影響により経済的に打撃を受けた観光と旅行業界のサポートを行う取り組み「Rediscover Paradise(リディスカバー パラダイス)」プロジェクトを始動しました。この取り組みは、 コロナが世界中の1000軒以上のホテルの部屋をコロナが予約、その料金を先払いし消費者に提供するというものです。

コロナが世界中の1000軒以上のホテルの部屋をコロナが予約、その料金を先払いし消費者に提供する

 日本では、沖縄県内の宿泊施設の空室料金を先払いし、コロナが買い取った分の空室を消費者にプレゼントする企画の応募受付が2020年10月9日からスタートしました。

 対象となるのは、オキナワ マリオット リゾート&スパ、ザ・ナハテラス、ザ・ブセナテラス ロワジールホテル、那覇 沖縄ハーバービューホテルの5つで、いずれかの無料宿泊券(1泊分、200組600人)が手に入ります。

 当選者の発表は、11月中旬までに当選者に直接連絡、宿泊券の利用は2021年3月末までとなります。なお、応募は2020年11月8日(日)までなので、お忘れなく。

 また、プロジェクトの一環としてドキュメンタリーを作成、沖縄の観光関連事業に従事する「人」にフォーカスを当てています。登場するのは、宿の経営者や飲食店のマスター、観光インストラクターなど沖縄観光を支える4人。新型コロナによって、生活がどう変わってしまったのか、どんな日々を送っているのか。そんな生の声と姿を沖縄の風景とともに映し出します。

 その他、「コロナビールが沖縄のホテル客室を買い取り、旅行業界をサポート」では、さらに詳しい情報を紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。

著者プロフィール:タイムアウト東京 編集部

タイムアウト東京は、ロンドンを中心に、ニューヨーク、上海、クアラルンプール、テルアビブ、アムステルダム、シドニーなど、世界108都市39カ国に広がるメディア、タイムアウトの東京版です。「本当に素晴らしいものは、世界のどこであれ誰であれ感動を与えてくれる」という考えの下、日本の優れたヒト、モノ、コト、コンテンツ、サービスを英語・日本語のバイリンガルで発信しています。


関連キーワード

ホテル | 沖縄 | 旅行 | ビール | ブランド戦略


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆