連載
» 2020年10月13日 07時08分 公開

タイムアウト東京のオススメ:手つかずの自然が残るベアードブルワリー修善寺でキャンプ

東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。

[タイムアウト東京,ITmedia]

 秋になり、たき火を囲んだキャンプがより楽しい季節になってきました。新型コロナウイルスの影響でアウトドアがこれまで以上に注目されています。修善寺のベアードブルワリーにプライベートキャンプ場があるというのは知っていますか。場所はブルワリーガーデンの目の前で、新鮮なクラフトビールが飲めるというのも大きな魅力です。

秋になり、たき火を囲んだキャンプがより楽しい季節に

 ベアードブルワリーは2014年、小松にあった場所から修善寺に移転。4年後の2018年に、手つかずの自然が残る狩野川のほとりに醸造所とキャンプ場をオープンしました。

 狩野川のせせらぎで目を覚まし、ハイキングやサイクリング、バードウォッチング、バーベキューを楽しんだり、本を読みながらのんびりと過ごすこともできます。また、たくさんのオープンスペースがあり、子どもたちが走り回るのにも最適です。

 キャンプ場には、キャンピングカーとテントに対応する20のスペースがあり、シャワーやトイレ、食料品の洗浄エリア、自動販売機もあり、使い勝手も抜群です。

 キャンプ場は木曜から月曜まで営業しており、オンラインで予約ができます。キャンプサイトの利用は1泊3,500円からで、20歳以上だと追加で一人1,000円の入場料がかかります(1ドリンクチケットとシャワー使用料として)。テントやキャンピングカーは各自で持参する必要があるので、ご注意ください。

 その他、「手つかずの自然が残るベアードブルワリー修善寺でキャンプ」では、さらに詳しい情報を紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。

著者プロフィール:タイムアウト東京 編集部

タイムアウト東京は、ロンドンを中心に、ニューヨーク、上海、クアラルンプール、テルアビブ、アムステルダム、シドニーなど、世界108都市39カ国に広がるメディア、タイムアウトの東京版です。「本当に素晴らしいものは、世界のどこであれ誰であれ感動を与えてくれる」という考えの下、日本の優れたヒト、モノ、コト、コンテンツ、サービスを英語・日本語のバイリンガルで発信しています。


関連キーワード

贅沢 | バーベキュー | アウトドア


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆