連載
» 2020年12月08日 07時21分 公開

DJブースのある銭湯? モダンに生まれ変わった墨田区の黄金湯タイムアウト東京のオススメ

東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。

[タイムアウト東京,ITmedia]

 数十年前までは、日本の銭湯はショップやレストランと同じように都市のインフラに欠かせないものでした。今では、住宅の大半に風呂やシャワーが設置されるようになり、その需要は減少しています。そんななか、ある家族経営の銭湯が時代の変化に対応するため改革を決意しました。

家族経営の銭湯が時代の変化に対応するため改革を決意

 地元の人たちに愛される老舗の黄金湯がクラウドファンディングを募り、モダンな内装と設備を配した銭湯に生まれ変わったのです。改装は、6年前に移転してきたアーティストの高橋理子と、Schemata Architectsとの共同プロジェクト。銭湯の本来の精神を忠実に守りながら、現代的なデザインを取り入れています。

 創業88年の黄金湯は、昔から気軽に訪れられる場所でしたが、入り口にクラフトビールのバーを新設したことで、より居心地の良い空間になりました。入店時にはバーでタオルをレンタルするシステム。このバーはDJブースとしても機能し、イベントも不定期だが予定されています。

 アーティストの田中偉一郎が、一体感を高める暖簾(のれん)を制作。男性用の脱衣所には「お」、女性用の脱衣所には「い」と書かれ、続けて読むと「おーい」となります。

 風呂の温度はぬるめから熱めまで3種類あり、年齢に合わせた温度設定。湯を交互に入浴することで血行を良くすることもできます。サウナで体を冷やしたい人のために、露天の水風呂もあるのもポイントが高いですね。

 入浴料は90分一般470円、中学生370円、小学生180円。サウナだけのチケットやタオルのレンタルも可能で、手ぶらで訪れても問題ありません。営業時間は平日と日曜が10時から24時30分まで、土曜が15時から24時30分まで。今後のDJイベントの情報は黄金湯の公式Facebookページに掲載されています。

 その他、「DJブースのある銭湯? モダンに生まれ変わった墨田区の黄金湯」では、さらに詳しい情報を紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。

著者プロフィール:タイムアウト東京 編集部

タイムアウト東京は、ロンドンを中心に、ニューヨーク、上海、クアラルンプール、テルアビブ、アムステルダム、シドニーなど、世界108都市39カ国に広がるメディア、タイムアウトの東京版です。「本当に素晴らしいものは、世界のどこであれ誰であれ感動を与えてくれる」という考えの下、日本の優れたヒト、モノ、コト、コンテンツ、サービスを英語・日本語のバイリンガルで発信しています。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆