連載
» 2020年12月01日 07時12分 公開

某アニメ映画のフードを再現? 特大小籠包のクラウドファンディング募集タイムアウト東京のオススメ

東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。

[タイムアウト東京,ITmedia]

 2020年10月19日に横浜駅西口にオープンした、餃子 小籠包 福包(フーパオ)酒場。手包の小籠包や餃子をはじめ、さまざまな本格中華をリーズナブルに食べられる店が、肉まん並の超特大サイズの小籠包を編み出しました。

箸でつまんでも破れない大きな小籠包

 箸でつまんでも破れない大きな小籠包は作るのが難しく、一日の生産量に限りがあるため、クラウドファンディングにて特別会員限定メニューとして要予約で提供。豊富なリターンには、特大小籠包やドリンク、食事券が付いてきます(2020年12月24日(木)まで)。

 ジューシーな肉汁とあんを包む皮は、特大サイズながら箸で持ち上げても破れないほどのもっちり感。某長編アニメ映画のワンシーンで、主人公の父親がおいしそうに食べていたものにインスパイアを受けて作られたそうです。世界的に有名な中華料理店のシェフ直伝という味わいを、ぜひ一度試してみてはいかがでしょう。

 福包酒場では、紅ショウガやサツマイモなど、色とりどりの「五色の小籠包」や、パリパリでジューシーな餃子など、本格的で手頃な価格の中華料理を提供しています。火鍋の容器に並々と注がれた25種から2種類選べる火鍋サワーや、締めの「ネギそば」など、ユニークでおいしいメニューがそろいます。

 今後は特大小籠包も限定メニューとして店に並ぶそうです。台湾夜市の出店のようなカラフルな内装や、ユニークな壁のイラストも注目のポイントです。

 その他、「某アニメ映画のフードを再現? 特大小籠包のクラウドファンディング募集」(https://bit.ly/3ftFVP4)では、さらに詳しい情報を紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。

著者プロフィール:タイムアウト東京 編集部

タイムアウト東京は、ロンドンを中心に、ニューヨーク、上海、クアラルンプール、テルアビブ、アムステルダム、シドニーなど、世界108都市39カ国に広がるメディア、タイムアウトの東京版です。「本当に素晴らしいものは、世界のどこであれ誰であれ感動を与えてくれる」という考えの下、日本の優れたヒト、モノ、コト、コンテンツ、サービスを英語・日本語のバイリンガルで発信しています。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆