連載
» 2021年01月19日 07時05分 公開

2021年版世界で最も安全な航空会社ランキングタイムアウト東京のオススメ

東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。

[タイムアウト東京,ITmedia]

 世界の航空会社を格付けしているAirlineRankings.comが、2021年版「世界で最も安全な航空会社」ランキングを発表しました。首位に選ばれたのはオーストラリアのカンタス航空で、トップ10には、カタール航空、ニュージーランド航空、シンガポール航空、エミレーツ航空、エバー航空 、エティハド航空などがランクインしています。

Photo by Kevin Hackert on Unsplash

 2013年にスタートしたAirlineRatings.comは、世界中の航空会社の墜落事故、重大事故、航空管理団体や主要団体からの監査、政府監査、航空機の使用年数を分析し、安全性、機内サービスなどを格付け。AirlineRatings.com編集長であるジェフリー・トーマスは、「我が社のランキングには、安全性を高めるため革新性、運用面での卓越性、エアバスA350やボーイング787といった最新機種の導入などの最新の状況が反映されています」とランキングの特色を説明しています。

 今年はさらに、新型コロナウイルス対策に優れている航空会社も発表。順位付けなしで、ニュージーランド航空、アラスカ航空、全日空、エアアジア、デルタ航空、エミレーツ航空、エティハド航空、エバー航空、日本航空などが20社が選出されました。

 トーマスは、これらの航空会社で、乗客の安全性を保つこと、旅行へ柔軟性を加えたりするという点で、これまで以上の努力が見られたことを評価。各社の対策の一例として、カタール航空のフェイスシールドとマスクの配布、エミレーツ航空の新型コロナウイルス保険や顧客向けの衛生キットが顕著だったことを紹介しながら、「(選出された20の)航空会社は、可能な限り安全な旅行を実現するためのトレンドセッターとなっています」と述べています。

 その他、「2021年版世界で最も安全な航空会社ランキング」では、さらに詳しい情報を紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。

著者プロフィール:タイムアウト東京 編集部

タイムアウト東京は、ロンドンを中心に、ニューヨーク、上海、クアラルンプール、テルアビブ、アムステルダム、シドニーなど、世界108都市39カ国に広がるメディア、タイムアウトの東京版です。「本当に素晴らしいものは、世界のどこであれ誰であれ感動を与えてくれる」という考えの下、日本の優れたヒト、モノ、コト、コンテンツ、サービスを英語・日本語のバイリンガルで発信しています。


関連キーワード

航空機 | 安全 | ランキング


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆