連載
» 2020年12月29日 07時05分 公開

東京、味噌ラーメンタイムアウト東京のオススメ

東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。

[タイムアウト東京,ITmedia]

 季節を問わず、老若男女を問わず、広く愛される国民食のラーメン。しょうゆ、塩、みその定番をはじめ、煮干しや鶏白湯(ぱいたん)などのスタイルも定番化してきましたが、ここでは「味噌(みそ)ラーメン」に焦点を絞って、都内で食べたい20軒を紹介します。札幌の老舗店、すみれと純連にルーツを持つ「純すみ系」や、オリジナルのスープがおいしい店など、寒い季節にぴったりなみそで体を温めましょう。

二層スープは黄金色に輝き、つやつやの麺との相性が最高

 札幌の名店、すみれで修行を経た店主が江戸川橋にオープンした店、「三ん寅」。

 2019年10月の開店から瞬く間にその味が話題を呼び、人気店となっています。看板メニューの「味噌らーめん」は、店主がすみれのラーメンを初めて食べた時に、衝撃を受けた味を再現。熱々で濃厚なみそスープの上に、ラードがたっぷりと乗った二層スープは黄金色に輝き、つやつやの麺との相性が最高です。

 食べている途中にショウガを混ぜると、後味がさっぱりして最後まで飽きません。みその香り、甘み、ベースとなる豚のうま味など、「すみれ系」のスタイルを極めた印象を受けます。厚切りのチャーシューも歯切れが良く、みそ以外の「正油らーめん」「塩らーめん」も完成度が高いです。

数種のみそだれは濃厚ながらキレのある後味

 都電荒川線の三ノ輪橋駅近くにある、「手打ち極太麺 ジョニーの味噌」。定番メニューは「ジョニーの味噌」で、個性の際立った一杯に仕上がっています。だしは豚のゲンコツが主体で、数種のみそだれは濃厚ながらキレのある後味。うどんのような縮れ太麺は自家製で、もちもちした食感が特徴です。スープと麺には粉末ショウガがかけてあり、アクセントがきいています。

 ボリュームたっぷりの「ジョニーの味噌ドッカン盛り」は、具材にモヤシ、キャベツ、コーン、薄切りのチャーシュー、うま味が凝縮した味玉など具材がたっぷり乗ったメニュー。卓上の刻みニンニク、黒コショウと花椒(ホアジャオ)などの「味変」アイテムを使うのも楽しいです。

真っ赤なスープと白みその風味

 「カラシビ味噌らー麺・つけ麺 神田本店」は、真っ赤なスープと白みその風味が食欲をそそる「特性カラシビ味噌らー麺」が評判のラーメン店。動物系と魚介系を合わせたスープに4種類の唐辛子や花椒(ホアジャオ)を加えた、辛くてしびれるラーメンが味わえます。

 辛さとしびれは5段階に調節でき、好みの味を楽しめるのも魅力。八角が香るジューシーで分厚い角煮が乗った『肉々カラシビつけ麺』も人気です。

 その他、「東京、味噌ラーメン20選」では、自家製のみそを使ったスープが自慢のラーメン店や、食べ応えのあるワンタンがトッピングされたラーメンが食べられる店などを紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。

著者プロフィール:タイムアウト東京 編集部

タイムアウト東京は、ロンドンを中心に、ニューヨーク、上海、クアラルンプール、テルアビブ、アムステルダム、シドニーなど、世界108都市39カ国に広がるメディア、タイムアウトの東京版です。「本当に素晴らしいものは、世界のどこであれ誰であれ感動を与えてくれる」という考えの下、日本の優れたヒト、モノ、コト、コンテンツ、サービスを英語・日本語のバイリンガルで発信しています。


関連キーワード

ラーメン | 人気 | 再現 | 観光 | 飲食店


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆