連載
» 2020年12月22日 07時04分 公開

タイムアウト東京のオススメ:東京、2020年のトレンド

東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。

[タイムアウト東京,ITmedia]

 2020年が終わりを迎えようとしています。オリンピックを待ち望んでいた人々にとっては、今年は期待通りの年ではなかったかもしれません。しかしパンデミックの流行だけでなく、未来を垣間見ることができる年でもありました。ここでは魅力的な飲食店や商業施設をはじめトレンドを紹介します。日本のクラフトビールや、街の新しい緑地、ホットな日本橋エリアなど、お気に入りの場所を見つけて2021年に望みましょう。

日本産クラフトビール

日本独特の味わいで作られた

 近年、人気が高まっているクラフトビール。日本産のナシ3種類を使用した「秋梨WEISS」や、「桜香るビール(桜ゴーゼ)」など、日本独特の味わいで作られたクラシックなヨーロピアンスタイルのビールは格別です。

 よなよなエールでおなじみのブランドが生み出した、「柚子×あら塩」のセッションエール、「前略 好みなんて聞いてないぜ SORRY 其ノ四」や、ロースト茶葉を注入した京都の西陣麦酒など、実験的なビールにも挑戦してみたいですね。

大人の遊び場、日本橋

スタイリッシュなホテルとしてオープン。

 かつて「日本のウォール街」として発達した日本橋エリアには、クールで洗練されたレストランやバーがたくさん生まれました。1920年代に建設された銀行が、スタイリッシュなホテル、ケーファイブとしてオープン。

 タイムアウトでも、日本橋兜町は2020年の最もクールなエリアとして選出されました。大人の遊び場として、今後も注目していきたいスポットです。

ビーガンフード

さまざまな植物ベースの飲食店が

 伝統的な日本食はヘルシーですが、魚介や鶏ガラなどの「だし」文化が根強く、ビーガンにとっては食事をするためのレストランを探しにくいという声が上がっています。需要の高まりについて、東京ではさまざまな植物ベースの飲食店が増えてきました。

 人気のラーメン店、らあめん花月嵐のビーガンメニューをはじめ、ビーガンスイーツに対応したパティスリーのハル オカダ ビーガン スイーツ ラボも誕生。バインミーやプラントベースの食品店、ザ ベジタリアン ブッチャーなどのショップに出掛けてみましょう

 その他、「東京、2020年のトレンド11選」では、リノベーションされた銭湯やグランピングスポットなど、今年話題になったトレンドを紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。

著者プロフィール:タイムアウト東京 編集部

タイムアウト東京は、ロンドンを中心に、ニューヨーク、上海、クアラルンプール、テルアビブ、アムステルダム、シドニーなど、世界108都市39カ国に広がるメディア、タイムアウトの東京版です。「本当に素晴らしいものは、世界のどこであれ誰であれ感動を与えてくれる」という考えの下、日本の優れたヒト、モノ、コト、コンテンツ、サービスを英語・日本語のバイリンガルで発信しています。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆