連載
» 2021年02月16日 07時05分 公開

復興する福島をアートで彩る「フタバアートディストリクト」が進行中タイムアウト東京のオススメ

東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。

[タイムアウト東京,ITmedia]

 福島県の一部の地域は、2011年3月11日の東日本大震災の津波と原発災害の後から人がいない状況が久しく続いています。多くの地域は放射線の問題上、長年にわたる制限解除が行われてから、最近になってようやく公開されました。東京電力第一原子力発電所に最も近い町の一つ、双葉町は2020年3月に立ち入り制限が解除され、現在は一連のストリートウォールアートを推し進めている最中です。

 アートカンパニーのオーバーオールズ(Over Alls)は町のムードを盛り上げ、震災の被害を受けた人々へ敬意を表するためにデザインされたグラフィティアートを手掛けました。

「双葉の母」がモチーフ

 2020年3月に双葉町が立ち入り解除された時、オーバーオールズの赤澤岳人と震災時にジョーズマン(JOE’SMAN)のオーナーであった(現在は東京アウトレットのオーナー)高崎丈は、「フタバアートディストリクト(Futaba Art District)」のプロジェクトを開始、町を彩り、活気を取り戻そうとしてきました。

 最初のインスタレーションは、双葉駅のすぐ外にある壁に描かれたシンプルなステンシル画でした。ソーシャルディスタンスに着想を得て、互いに手を差し伸べるロミオとジュリエットが描かれているのですが、二人ともマスクをして、ジュリエットの立つバルコニーには2011年以来の当地の放射線量を示唆する数字が添えられています。

 2番目の作品は、ジョーズマンの裏手にある7メートルもの壁面を舞台にしており、「HERE WE GO!!!」という文句とともに下を指さす腕が描かれます。これは、双葉町の再生そのものを意味しているようです。

 3番目の作品は、「双葉の母」がモチーフです。「双葉の母」は、鮮烈な赤色の髪をした、当地でよく知られている女性で、ペンギンというファストフード店に勤務しています。この作品は「HERE WE GO!!!」のすぐ右側にあり、双葉駅の外に出るとすぐに見つけられるはずです。

 12月には新たに2つの作品が披露されました。一つは震災時のこの作品が描かれた建物のオーナーの息子を、もう一点はその息子の現在の姿を描き出しています。

 フタバアートディストリクトは現在進行中のプロジェクトであり、オーバーオールズは今後もさらに壁画を作成していくそうです。当面の間は、双葉町は警戒中であるものの再開されており、元の住民たちは2022年春には戻れることを望んでいます。

 その他、『復興する福島をアートで彩る「フタバアートディストリクト」が進行中』(https://bit.ly/3rBQ54W)では、さらに詳しい情報を紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。

著者プロフィール:タイムアウト東京 編集部

タイムアウト東京は、ロンドンを中心に、ニューヨーク、上海、クアラルンプール、テルアビブ、アムステルダム、シドニーなど、世界108都市39カ国に広がるメディア、タイムアウトの東京版です。「本当に素晴らしいものは、世界のどこであれ誰であれ感動を与えてくれる」という考えの下、日本の優れたヒト、モノ、コト、コンテンツ、サービスを英語・日本語のバイリンガルで発信しています。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆