連載
» 2019年07月25日 07時08分 公開

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:これからのマネジメントに必要な「人間観」「組織観」 (2/2)

[小笹芳央,ITmedia]
前のページへ 1|2       

 要素、すなわち個人ではなく、「AさんとBさん」、あるいは「BさんとCさん」を結ぶ関係性の線の数を数え、「10本の関係性のあるチーム」と捉えるのだ。

 この5人のチームの仕事が増え、人数が5人増えたとき、要素還元的なとらえ方では、「5人だったチームが10人になり、2倍の人数になりました」という数え方をする。

 他方、協働システム的にとらえた場合には、10×9÷2=45で、「45本の関係性があるチーム」となる。関係性の線の本数が10本だったのが、4.5倍の45本になったと捉えるのだ。

 つまり4.5倍、合意形成が難しくなり、意思疎通が難しくなったということだ。

 専門的にいうと、「複雑性が増大した集団に変貌した」という見方をする。これが、私たちの考える組織観である。

流行のフラット型組織は成り立たない

 近年、「ミドルは不要である」とか、「組織はフラットなほうが良い」とかいわれることがある。本当であろうか。私たちの考える組織観で検証してみよう。

 例えば、100人の組織があるとする。100人の組織が完全にフラットで、リーダーが一人もいない場合、100×99÷2=4950となり、4950本の関係性の線があることになる。これでは複雑性があまりにも高すぎて何も決められないし、組織として連携して動くことは絶対にできない。

 複雑性を縮減するためには、関係性の線の本数を減らす必要がある。

 例えば、100人の組織を10人のチーム10個に分ける。10人のチームのうち一人がリーダーになる。チーム内の関係性は、10×9÷2=45。10チームあるので、45×10=450となる。

 各チームのリーダーが集まるリーダー会という上位組織ができ、リーダーは10人なので、リーダー会の関係性も45本となる。10チーム内の関係性450本に、リーダー会の関係性45本を足すと、495本となる。

 つまり、フラット時に4950本だった関係性は、10分の1の495本に減少し、複雑性も10分の1に縮減するということだ。これなら、組織として意思決定することもできるし、チームや個人が連携して組織として活動することもできる。

 関係性に着目した組織観をもっていれば、ミドルのいない組織はあり得ないし、度を越したフラット化が組織力を減退させることが分かるだろう。

 要素還元できない協働システムという組織観では、いかにして組織の複雑性を減縮していくか、関係性の数を整理して減らしていくかが、組織を論じる際に常に重要になるのである。

 今後、企業の成長スピードを左右する「人」や「組織」に着目したマネジメントがより重要になっていくだろう。労働環境の大きな転換点である働き方改革を、自身のマネジメントを見直す機会と捉え、「人」や「組織」の可能性を最大化させる第一歩へとつなげていただきたい。

著者プロフィール:小笹芳央

1961年大阪府生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業後、リクルートに入社し、人事部で採用活動などに携わる。

組織人事コンサルティング室長、ワークス研究所主幹研究員などを経て独立。2000年に株式会社リンクアンドモチベーションを設立し社長に就任。13年から現職。

モチベーションエンジニアリングという同社の基幹技術を確立し、幅広い業界からその実効性が支持されている。

著書に、『会社の品格』(幻冬舎新書)、『松下幸之助に学ぶ モチベーション・マネジメントの真髄―ダイバーシティ時代の部下の束ね方―』『1日3分で人生が変わるセルフ・モチベーション』『変化を生み出すモチベーション・マネジメント』(以上、PHPビジネス新書)、『お金の話にきれいごとはいらない』(三笠書房)など多数。3月に新書籍『モチベーション・ドリブン』が発売予定。


前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆