連載
» 2021年06月22日 07時02分 公開

世界自然遺産の流氷を見渡すサウナが知床にリニューアルオープンタイムアウト東京のオススメ

東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。

[タイムアウト東京,ITmedia]

 北海道知床の北こぶしリゾートが2021年6月19日(土)、北こぶし知床 ホテル&リゾートのサウナ室をリニューアルさせます。新たなサウナ室では、2005年に世界自然遺産に登録された知床の大自然を望む、大きな窓が設置されるようです。

知床の山並みやオホーツク海の風景を切り取る窓

 今回のリニューアルは、サウナ専門ブランドやプロデュースを行うTTNEが監修を担当しました。流氷をイメージした力強く直線的なデザインが特徴の「KAKUUNA(カクウナ)」と、木の洞窟をイメージして3D加工で木材を削った緩やかな曲線の「UNEUNA(ウネウナ)」の2種類が新設されます。知床の山並みやオホーツク海の風景を切り取る窓からは、冬には流氷が流れる様子が観察できます。露天スペースに設置された外気浴用の椅子では、壮大な風景と澄んだ空気を吸って神秘的な「ととのい」体験ができそうです。

 世界的に有名なHarvia社のサウナストーブ上のサウナストーンは、地下30キロ以下のマグマから生成されたものを使用。六方石を使ったストーブの壁面は、知床の切り立った岩肌を表現しています。サウンドアーティストの松本一哉が手掛ける、知床の環境音との即興演奏で録音、制作したBGMにも注目です。

 また、展望大浴場「大海原」と露天スペース「汐音(しおん)」から成る大浴場は、海と空のはざまに浮かぶような空間と柔らかな肌触りの温泉が特徴で、サウナファンはもちろんのこと、温泉好きにもおすすめ。北の大地に訪れた際は、大自然に囲まれてゆったりと深呼吸しましょう。

 その他、「世界自然遺産の流氷を見渡すサウナが知床にリニューアルオープン」では、さらに詳しい情報を紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。

著者プロフィール:タイムアウト東京 編集部

タイムアウト東京は、ロンドンを中心に、ニューヨーク、上海、クアラルンプール、テルアビブ、アムステルダム、シドニーなど、世界108都市39カ国に広がるメディア、タイムアウトの東京版です。「本当に素晴らしいものは、世界のどこであれ誰であれ感動を与えてくれる」という考えの下、日本の優れたヒト、モノ、コト、コンテンツ、サービスを英語・日本語のバイリンガルで発信しています。


関連キーワード

サウナ | ホテル | リゾート | 北海道


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆