連載
» 2021年10月19日 07時04分 公開

角川武蔵野ミュージアム1周年、360度体験型の浮世絵劇場が開催タイムアウト東京のオススメ

東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。

[タイムアウト東京,ITmedia]

 東所沢にある、隈研吾設計の外観や本棚劇場が話題を集めた角川武蔵野ミュージアムが2021年10月30日(土)から、巨大映像空間へ没入する360度体験型コンテンツ「浮世絵劇場 from Paris」を開催します。同展は、角川武蔵野ミュージアムのオープン1周年を記念した特別展で、進化を続ける浮世絵の今を大迫力で堪能できる展覧会です。

巨大映像空間へ没入する360度体験型コンテンツ「浮世絵劇場 from Paris」

 中でも注目したいのは、パリをベースに活動するアーティスト集団であるダニーローズ・スタジオが手掛けた巨大映像空間の「Dreamed Japan Images of the Floating World」のパワーアップした作品の上映展示。同作は「浮世絵」にテクノロジーとストーリーをかけ合わせた全く新しい映像体験として、フランスで展示され、200万人を動員した話題作です。

 今回の展示では、12幕の異なる映像シーンが1100平方メートルを超える大空間に映し出される映像空間として展開します。扇が時を刻み、提灯が空中を舞い、桜の花びらが風に揺れ、荒波がリズムにあわせて頭上を駆け巡る様は絵の中に迷い込んだかのようです。全方位を映像に包まれた広大な「浮世絵劇場」を全身で体感してみてください。

 他にも、同展で使用された大量の浮世絵を紹介するコーナーや、日本の現代浮世絵師たちの作品も紹介しています。浮世絵の世界を多面的に紹介する「後室展示」なども見逃せません。

 2022年4月10日(日)までの開催です。チケットは、10月19日(火)から公式Webページで購入できます。この秋は、最先端技術による浮世絵の世界を堪能してみてはいかがでしょう。

 その他か、「角川武蔵野ミュージアム1周年、360度体験型の浮世絵劇場が開催」では、さらに詳しい情報を紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。

著者プロフィール:タイムアウト東京 編集部

タイムアウト東京は、ロンドンを中心に、ニューヨーク、上海、クアラルンプール、テルアビブ、アムステルダム、シドニーなど、世界108都市39カ国に広がるメディア、タイムアウトの東京版です。「本当に素晴らしいものは、世界のどこであれ誰であれ感動を与えてくれる」という考えの下、日本の優れたヒト、モノ、コト、コンテンツ、サービスを英語・日本語のバイリンガルで発信しています。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆