連載
» 2021年11月16日 07時09分 公開

東京タワーのパキスタンパーティーに潜入、シディークパレスがオープンタイムアウト東京のオススメ

東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。

[タイムアウト東京,ITmedia]

 新大久保のアジアンスーパーマーケット、シディークナショナルマートなどで知られる和新トレーディングによるパキスタン料理レストラン、シディークパレス 東京タワー店が2021年11月1日にグランドオープンしました。

東京タワー店がオープン。

 同店はシディークの8店舗目に当たり、東京タワーで唯一のハラルメニューを提供する店舗です。中に入ると、ピアノやステージがあり、オリエンタルなランプの装飾や壁面に異国情緒が漂います。老若男女問わず多くの人が訪れる東京タワーという場所柄を意識して、店内は広く清潔感があり、子ども連れで来ても周りを気にすることなく楽しめるでしょう。

本格的なパキスタン料理

 本格的なパキスタン料理を提供する同店でのおすすめは、注文後に生鶏を1羽丸ごと焼き上げる「カラヒ」。40分程度、圧力をかけて焼いただけのシンプルなメニューで、赤トウガラシ、ブラックペッパー、スパイスなどが素材の味を引き上げるおいしさ。鍋のまま提供する豪快なビジュアルも食欲をそそります。

 パキスタンでは国民的なストリートフードで、1キロを注文するのが一般的だそうです。同店では、日本人向けに500グラム(約2人前)から提供しています。

オープニングには、駐日パキスタン大使も駆け付けた。

 オープニングには、イムティアズ・アハマド駐日パキスタン大使も駆け付け、東京で一番有名な場所の一つにパキスタン料理店ができたことへの感謝を述べ、「今後も(シディークと)二人三脚でパキスタン文化を日本人へ紹介していきたい」とスピーチしました。

 また、来年度に計画しているビュッフェのバイキングコースも一足早く披露。シャミケバブやチキンティッカから、カラヒ、ダルカレー、ビリヤニ、『グラブジャムン(Gulab jamun)』などのスイーツまで50種以上のメニューが並ぶ、満足感のあるコースです。

 シディークパレス 東京タワー店で、新たな食体験をしてみてはいかがでしょう。

著者プロフィール:タイムアウト東京 編集部

タイムアウト東京は、ロンドンを中心に、ニューヨーク、上海、クアラルンプール、テルアビブ、アムステルダム、シドニーなど、世界108都市39カ国に広がるメディア、タイムアウトの東京版です。「本当に素晴らしいものは、世界のどこであれ誰であれ感動を与えてくれる」という考えの下、日本の優れたヒト、モノ、コト、コンテンツ、サービスを英語・日本語のバイリンガルで発信しています。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆