連載
» 2022年03月01日 08時02分 公開

恵比寿ガーデンプレイスの商業棟が大幅にリニューアルタイムアウト東京のオススメ

東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。

[タイムアウト東京,ITmedia]

 2022年秋、恵比寿ガーデンプレイスの商業棟が「センタープラザ」という名称で大幅にリニューアルされます。

 生まれ変わるのは、2021年2月まで恵比寿三越が出店していた区画です。恵比寿ガーデンプレイスは1994年にオープンして以来、ワンランク上の上質な暮らしを届けてきました。今回のリニューアルでは、人々のライフスタイルの多様化に合わせ、「新しい過ごし方」を提案します。

フーディーズガーデン

 これに先駆けて2022年4月15日(金)にオープンするのが、地下2階エリアのフーディーズガーデン。同フロアでは食料品や生活雑貨などを中心に扱い、フラワーショップやドラッグストアといった9店舗が出店します。

ライフ

 フーディーズガーデンの中心となるセントラルスクエアには、大手スーパーチェーン、ライフの旗艦店が誕生。スーパーマーケットとしての機能はもちろん、首都圏のライフでは初となる、その場で活け締めする鮮魚の販売や、消費者の要望に応えるコンシェルジュサービスも導入され、猿田彦珈琲など、地元恵比寿に店舗を構えるブランドの商品も扱われます。

 1885年創業の老舗、明治屋も恵比寿に誕生します。見どころは、本店舗初導入となる「SEEK IN SWEETS」。このコーナーでは、週替わりで展開予定の上質なスイーツをセレクトし、パティスリー・サダハル・アオキ・パリや資生堂パーラー、帝国ホテルなど、有名店や老舗ブランドが勢ぞろいします。

デリカテッセン ヤマブキ

 長野県小諸市で340年以上続くみそブランド「山吹」が手掛ける自家製ハム、ソーセージ専門店も初出店し、製法にこだわった上質な食品を小諸から直送販売するほか、店内ではコーヒーやビールが飲めるイートインスペースも併設する予定です。

 広いテラスがある2階は、思い思いのスタイルで自由に働けるワークプレイスに生まれ変わります。

 今後も恵比寿エリアと生活に寄り添いながら、より便利に開発されていく同施設を楽しみにしましょう。

 また、「恵比寿ガーデンプレイスの商業棟が大幅にリニューアル」でもリニューアルに関して詳しく紹介しているので、是非チェックしてください。

著者プロフィール:タイムアウト東京 編集部

タイムアウト東京は、ロンドンを中心に、ニューヨーク、上海、クアラルンプール、テルアビブ、アムステルダム、シドニーなど、世界108都市39カ国に広がるメディア、タイムアウトの東京版です。「本当に素晴らしいものは、世界のどこであれ誰であれ感動を与えてくれる」という考えの下、日本の優れたヒト、モノ、コト、コンテンツ、サービスを英語・日本語のバイリンガルで発信しています。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆