連載
» 2022年08月23日 07時05分 公開

大久保公園が改修、ケビン・デュラントの名が入った新バスケコートが誕生タイムアウト東京のオススメ

東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。

 2022年7月30日、東京都新宿区にある大久保公園のバスケットボールコート改修の全工程が完了し、オープニングセレモニーが行われました。新たなコートの名前は「2K Foundations x Kevin Durant Renovation Art Court 2022」。NBAのスーパースターであるケビン・デュラント(Kevin Durant)のチャリティー基金と、ビデオゲーム会社の2Kが協力した慈善プロジェクトの一貫です。

画像提供:テイクツー・インタラクティブ・ジャパン

 コート全体のコンセプトと色鮮やかなデザインは、ストリートアートに造詣の深い日本のアーティスト、FATEを起用。地元アーティストのデザインを取り入れた「アートコート」として、公園や地域交流の場を通じてスポーツ文化を育むgo parkey(ゴー・パーキー)とともに造られました。

画像提供:テイクツー・インタラクティブ・ジャパン

 ケビンはプロジェクトについて、「東京オリンピックで金メダルを獲得した時の素晴らしい体験を思い出させてくれます。このコートが日本の次世代のバスケ選手たちの避難所となることを願っています」とコメントしました。子どもたちをはじめ、地域の人々にとって憩いの場となりそうです。

画像提供:テイクツー・インタラクティブ・ジャパン

 なお、2022年11月28日(月)まではイベント使用のため、大久保公園の一般使用は中止となっています。

 また、『大久保公園が改修、ケビン・デュラントの名が入った新バスケコートが誕生』ではさらに詳しく紹介しています。是非チェックしてください。

著者プロフィール:タイムアウト東京 編集部

タイムアウト東京は、ロンドンを中心に、ニューヨーク、上海、クアラルンプール、テルアビブ、アムステルダム、シドニーなど、世界108都市39カ国に広がるメディア、タイムアウトの東京版です。「本当に素晴らしいものは、世界のどこであれ誰であれ感動を与えてくれる」という考えの下、日本の優れたヒト、モノ、コト、コンテンツ、サービスを英語・日本語のバイリンガルで発信しています。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆