ニュース
» 2010年12月02日 08時00分 公開

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:「象の鼻としっぽ」――コミュニケーションギャップはなぜ起きるのか? (2/2)

[細谷功,ITmedia]
前のページへ 1|2       

「象の鼻としっぽ」でほとんどのギャップが説明できる

 例えば、皆さんはこんなことがないでしょうか。

(1)職場の社員は皆「自分の仕事やプロジェクトが1番大変だ」と思っていて皆が不公平感を抱いている

(2)仕事のやり方に対してコメントした部下から「現場はそうじゃないんですよ」という感想を言われた

(3)自分では「うまくいっているのは自分の努力とやり方のせいだ」と思っているのに、他人からは「運がよかったですね」と言われることがある

 これらは全て「象の鼻としっぽ」の構図で説明できます。まず(1)の「自分が一番大変だ」という錯覚ですが、「自分の仕事の全体像」という象の「自分が大変な部分」という「鼻」や「しっぽ」しか見ていないところから来ます。冷静に考えれば自分の方が恵まれていることはたくさんあるのに、そこは見えずに各個人の大変な部分だけが見えてしまうので、全員が「自分が一番大変だ」と思ってしまうのは理解できます。

 次に上司と部下とのコミュニケーションギャップといえる(2)ですが、これも上司と部下で違うものを見ていることからきます。例えば商談でのお客様への対応を考えてみます。上司は部下に対して、「本当にお客様の言うことを聞いているのか?」といった質問をします。「そりゃ聞いていますよ」と答える部下に対しても上司は懐疑的です。「『本当に』ちゃんと聞いているんだろうな」と突っ込む上司。「毎日会っていますから」と答える部下。

 それでも上司は部下の商談ぶりが気に入りません。上司は商談そのものへの「考え方」を見ています。お客様の真意を本当につかんでいるのか、単なる「御用聞き」になっていないのか、といったことです。これに対して部下は生の情報や直接お客様が口にした「現場感」を重視しています。このように「鼻としっぽ」を別々に見ることで、いつまでたっても上司は「オレがやればもっとできるのに」と思い、部下は部下で「現場に来もしないで理想論ばかり言って」と対立は埋まることはないでしょう。

 (3)については、「ある人の成功」という象を見るときに、他人は「運」の側面ばかり見ます。しかし、自分に対しては「目に見えない努力」や「自分なりに工夫している方法」という「運以外」の側面を見るという相違から、こうしたギャップが生まれます。面白いのは「成功」を「失敗」に置き換えると全く逆のことが起きて、自分の失敗は「ついていない」と運のせいにし、他人の失敗は「あのやり方じゃだめだよ」と運以外のせいにすることです。これも「自分」と「他人」という立場の違いによって、同じ象の違う側面を見てしまうことからくる、ギャップということができるでしょう。「勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし」という野村楽天元監督が好んで用いる言葉は、こうした勘違いを戒める言葉といえます。

 全体像や実像、虚像等に用いられている「像」という漢字は「人」+「象」という構成でできています。自分勝手で思い込みの激しい「人」が見ることによって、たった1頭であるはずの「象」が百人百様の「像」に見えてしまう。これがコミュニケーションギャップの根本原因といえるでしょう。

著者プロフィール:細谷功(ほそやいさお)

ビジネスコンサルタント。株式会社クニエ マネージングディレクター東京大学工学部卒業後、東芝を経てアーンスト&ヤング・コンサルティング(クニエの前身)に入社。製品開発・マーケティング・営業・生産などの分野で戦略策定、業務改革計画・実行支援等のコンサルティングを手がける。著書に『地頭力を鍛える』(東洋経済新報社)、『「Why型思考」が仕事を変える』(PHPビジネス新書)、『象の鼻としっぽ』(梧桐書院)等がある。


前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆