連載
» 2014年12月26日 08時00分 公開

ITmedia エグゼクティブ勉強会リポート:マジックで心の豊かさを10倍に!――6つのポイントで信頼関係を構築する (2/2)

[山下竜大,ITmedia]
前のページへ 1|2       

 この状況を無意識にやっている可能性がある。例えばPCに向かっているときに部下から話しかけられると、PCに目を向けたまま返事をすることがあるだろう。アイコンタクトがなければ楽しい会話も難しく、仕事の話しはさらにだ。相手が話を聞いてくれると心地よいものである。何気ない会話は場を和ませ、話しを円滑にすることができる。

 思考が現実になるという言葉を聞いたことがあると思うが「絵に書いたビールでも、飲みたいと強く願えば本物になる」と野口氏は話し、紙に描いたビールを実際のビールに変えるマジックを披露した。こうしたマジックは、多くの人に喜びを与えることができる。

 「皆さんは、喜びをうまく相手に伝えられているだろうか。喜んでもらえると嬉しいので、さらに喜ばせようと努力する。喜びがうまく伝わることで、お互いの関係も深まることになる」(野口氏)

その4:相手の心をつかむ雑談力

 相手の心をつかむためには雑談力が有効になる。しかし雑談力といわれても、何を話せばいいのか分からない人は多いだろう。何気ない会話は緊張感をほぐすことができる。雑談に困らない魔法の言葉がそれぞれ行動の頭をとって“きにするかどうか”。これがあれば相手との会話のきっかけがつかめるはずである。

 沈黙を恐れる人も多いが、雑談が途切れない会話のテクニックが「オウム返し」「アクティブリスニング」である。例えば、相手が「映画を見に行った」と言えば、「映画を見に行ったのですね?」と答え、「○○を見てね」と言えば、「○○を見たのですね。」と答えるように同じ言葉を返すだけでも雑談は途切れにくい。

 野口氏は、「共通点を見つけることで、親近感が生まれ、公私ともに仲良くなることができる」と話している。

その5:人間関係を良くするコミュニケーション術

 人間関係を築くためのコミュニケーション術として、マジックコミュニケーションを実践している。野口氏は、「トランプやコインなど、さまざまなカテゴリがあるが、マジックが嫌いな人は少ないので関心を持ってもらえる」と話す。

 「右手で持っていた1円玉を一瞬にして500円(500倍)にするというマジックがある。タネ明かしすれば“なぁーんだ”というほど簡単なものだが、相手を喜ばすことができる。常に相手を思いやり、相手を喜ばせる心気持ちが大切」(野口氏)。

 その後、4人のグループで、1人をほかの3人が思ったとおりに褒めあう承認ワークショップを実施した。人には、認められたい、褒められたい、愛されたいという承認要求があり、褒めることは重要である。

その6:一期一会を大切に!

 「常に、この人と会うのはこれが最後かもしれない、この人にまた会いたいと思ってもらうために、どうすれば相手に感激や感動が与えられるかを考えること。」(野口氏)

 そして最後に成功のためには好きなことを楽しくやるのが一番。失敗してもやり直せばよい。最後まであきらめないことが重要とマジックと笑顔で締めくくった。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆