連載
» 2017年02月02日 07時02分 公開

社長が「将来」役員にしたい人ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術(2/2 ページ)

[秋山 進,ITmedia]
前のページへ 1|2       

 このように、抽象的な要件ではなく、具体的な仕事の場面でその人がどう考え、どう行動するかを中心に、「どのような思考・行動習慣を持っている人に可能性があるか」、一方、「残念な人はどんな特徴を持っているか」、そして、「どのように努力すれば、可能性が生まれてくるか」などを25項目ごとにまとめてあります。

実務に挑み、実務を超える

 本書の執筆の際に、最も重要視したことは、カバーにもある「実務に挑み、実務を超える人」をどのように育成していけばよいかということでした。というのは、経営リーダーの育成において、多くの会社で悩んでいることは、実務(ミクロ)で優秀であった人が、経営全般(マクロ)に駆け上っていく際に、その複雑性を把握することができず、よほど訓練しないとマクロで求められる優れた意思決定(判断)が実行できない、といった状況になってしまっていることです。

 そこで、人材育成の方法として、MBAコースを受講させたり、あるいは戦略コンサルティング会社からの指導を受けたりすることがありますが、優れたコースや良い先生もそれなりには存在するものの、全体的に見ればそれほど効果的でないのでは、というのが私の結論です。それよりも、いま・ここ でやっている実務の仕事から、いかに多様な事象に目を向け、どれだけ思考の深みを作り、どこまで視野を拡大させられるか、すなわち、実務にどれだけ真剣に「挑み」、それを「超える」習慣を持ってもらえるか、こちらのほうがずっと重要なのだと考えています。

 本書は、このように「経営リーダーになる人に必要な“実務”の捉え方、考え方」について述べていますので、この重要性に興味を持っていただける方には、類書にはない有益な情報が詰まっているのではないかと思っています。

著者プロフィール:秋山進

プリンシプル・コンサルティング・グループ代表取締役。リクルート入社後、事業企画に携わる。独立後、経営・組織コンサルタントとして、各種業界のトップ企業など様々な団体のCEO補佐、事業構造改革などの業務に従事。現在は、経営リスク診断をベースに、組織設計、事業継続計画、コンプライアンス、エグゼクティブコーチング、人材育成などを提供するプリンシプル・コンサルティング・グループの代表、および上場企業の社外取締役などを務める。京都大学卒。国際大学GLOCOM客員研究員。書籍情報:「一体感」が会社を潰す 異質と一流を排除する<子ども病>の正体』(PHP)、社長!それは法律問題です(共著:日本経済新聞出版社)など。


前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆