連載
» 2012年09月18日 08時00分 公開

ビジネスマンの悩み相談室:チームに貢献するメンバーを育てる (2/2)

[細川馨(ビジネスコーチ),ITmedia]
前のページへ 1|2       

マネジメントは何をすべきか

 それでは、「チームに貢献する」という体制を作り、選手の力を引き出すのは誰の仕事であろうか。そのきっかけを与えるのは、スポーツであれば監督やコーチ、ビジネスではマネジメントが行うべきことである。

 実際には監督やコーチはどのようなことを実行しているのだろうか。

1、分析

 まずはチームメンバーをじっくりと観察し、分析する。性格や特性を把握する。同じことを言っても選手によって捉え方は異なるので、どんな言い方をしたら響くのか、理解する必要がある。

2、分析したものを科学的に考える

 分析したうえでどのように伸ばしていけばいいか、科学的に考え、トレーニングする。

3、メンタル面でサポートする

 選手たちは極限の状態で勝負していて、メンタル面でのサポートが欠かせない。努力する選手たちが本番で能力を発揮できるように、精神的な支えとなり、的確にアドバイスをする。

4、ストレッチした目標を掲げる

 努力をしても成果を残さないとチーム力が伸びていかない。ストレッチした目標を与え、それをクリアしていく。仲間と一緒に達成感を味わい、スーパーチームができる。

 ビジネスでもこれは全く同じではないだろうか。チームメンバーを分析し、それを科学的に捉えてどのように闘うか戦略を練る。メンタル面でサポートし、ストレッチした目標を掲げ、達成感をチームで味わうようにする。

 「みんなのため」「組織のため」となる仕組みを作る。個人の能力を発揮させながらチームに貢献させる―これがリーダーのすべきことである。組織を変えるとなるとリストラに向かいがちだが、リストラだけではだめで、リストラの100倍、浮上するプランが欠かせない。未来を創る、未来創造型の思考は人の力を発揮させるのである。

 日本人のチームワークは素晴らしいし、個々の能力も決して劣っていない。ただ、優秀な個人に能力を発揮させてチームに貢献させる、それを実行できるマネジメント能力が乏しいと言わざるを得ない。

 リーダーに必要なことを考えてみよう。

 1、世の中の方向性をよく見る:世の中がどんな流れになっているかを把握する。

 2、自分の会社を見る:自社を分析し、自社の強みを考える。

 3、チームメンバーをつくる:適切なチームメンバーを選ぶことも欠かせない。

 4、主要なプロジェクトを走らせる:プロジェクトを走らせながら、適宜軌道修正する。

 5、仲間を巻き込み、必ずやりとげる:仲間を巻き込み、必ずやり遂げ、小さな成果を積み重ねていく。

 リーダーは外に目を向け、世の中の流れを読む力を養う。日本人の最大能力はチームワークであり「for the team」精神の大切さを今回のロンドンオリンピックを通して再認識した。その精神をビジネスの現場でもぜひ生かしてほしいと願っている。


著者プロフィール

細川馨(ほそかわ かおる)

ビジネスコーチ株式会社代表取締役

外資系生命保険入社。支社長、支社開発室長などを経て、2003年にプロコーチとして独立。2005年に当社を設立し、代表取締役に就任。コーチングを勤務先の保険会社に導入し、独自の営業システムを構築、業績を著しく伸ばす。業績を必ず伸ばす「コンサルティングコーチング」を独自のスタイルとし、現在大企業管理職への研修、企業のコーポレートコーチとして活躍。日経ビジネスアソシエ、日経ベンチャー、東商新聞連載。世界ビジネスコーチ協会資格検定委員会委員、CFP認定者、早稲田大学ビジネス情報アカデミー講師。「ビジネスマンの悩み相談室」は電子書籍でも配信中。「自分は頑張っていると主張する部下に悩む上司」「ぬるい部下に悩む上司」「若い人には横から目線で共感する」(各250円)



前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆