連載
» 2016年06月09日 08時00分 公開

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:部下が、やる気がないとイラッとする (2/2)

[中谷彰宏,ITmedia]
前のページへ 1|2       

怒ると、疲れる。マニュアルをつくっている間は、疲れない。

 感情的になると、非合理的な判断や行動をしてしまいます。理由は簡単です。脳が疲れてくるからです。感情的になると、最初は怒り、次に落ち込みます。怒ることによって、脳のエネルギーを消耗します。

 脳がガス欠になると、考えが浮かばなくなって、落ち込むのです。怒ったり、へこんだりすることで、波を生み出します。

 例えば、部下が何回言っても同じ間違いを繰り返します。

 上司が「何度言ったら分かるんだ」と怒ると、ミスした部下は「2度とこのようなことがないように気をつけます」と言って謝ります。

 気をつけなくていいのです。気をつけなくてもミスが起こらないマニュアルをつくるのが、上司の仕事です。

 それでもまた同じミスが起こったら、またマニュアルをつくりかえます。「前に書いたマニュアルを徹底しろ」と言うと、感情的になってしまうのです。

 「部下はミスをすることもある」と言う上司は、「ミスをしないこと」を期待してイラッとする。部下がミスをすると、上司はイラッとします。

 「部下はミスをすることもある」ということは、上司も分かっています。この発想では「部下はミスをしないこともある」という期待感が残ります。「ミスをしないこともあるのにミスをした。どういうこと?」と、イラッとするのです。

 感情的にならないためには、「部下は必ずミスをする」という発想に変えます。必ず起こることが起こっただけなら、イラッとすることはありません。

 部下のミスを防ぐ仕組みをつくることが、上司の仕事です。

 「部下は必ずミスをする」と言うと、性悪説にのっとっているようで、なんとなく冷たく感じます。「冷たいか冷たくないか」の本当の意味は、「感情的になるかならないか」ということです。

 最初から「部下は必ずミスをするものだ」という発想でいると、結果、部下に優しく接することができます。

 性善説の人のほうが、圧倒的に感情的になりやすいのです。「私は部下を信じています」と言う人は、それが裏切られると、ぶちキレます。

 性善説の本当の意味は、「部下はマニュアルをつくると、ミスをしない」「部下は必ずミスをするけど、必ず生まれ変わる」ということです。

 ここで「なかなか生まれ変わらないんですけど」と言う人が出てきます。生まれ変わるには時間がかかるのです。

 部下は必ず生まれ変われます。

 それまで、上司は感情エネルギーを省エネして、継続することが大切です。

著者プロフィール:中谷彰宏

作家

1959年、大阪府生まれ。早稲田大学第一文学部演劇科卒業。博報堂勤務を経て、独立。91年、株式会社中谷彰宏事務所を設立。

【中谷塾】を主宰。全国で、セミナー、ワークショップ活動を行う。【中谷塾】の講師は、中谷彰宏本人。参加者に直接、語りかけ質問し、気づきを促す、全員参加の体験型講義。

著作は、『なぜあの人は感情的にならないのか』(ダイヤモンド社)など、990冊を超す。


前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆