連載
» 2024年02月13日 07時06分 公開

イギリス最古のサウナが「指定建造物」にタイムアウト東京のオススメ

東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。

 1948年のロンドンオリンピックが別名「緊縮オリンピック」と呼ばれていたことをご存じでしょうか。この年、ロンドンはまだ第二次世界大戦の痛手からの回復の途上にありましたが、世界中から選手を迎えることを決断。初心に帰ってシンプルに、ありあわせの資源を活用して大会が開催されることとなりました。

 大規模なスポーツ施設が新たに建てられることはありませんでしたが、仮設の選手村には、あるフィンランドの企業によって寄贈されたつつましやかなサウナが設けられたそうです。大会が終了すると、この木造プレハブのサウナ小屋はケント州・メードストンへ移築。今では現存する数少ない同大会の遺構となっており、イギリス国内で機能するサウナとしては最も古いものです。そして現在、このサウナを巡って新たな動きが展開されています。

Photograph: Wendy Liu / British Sauna Society

 同施設は長らくの間、地元の「Cobdown Sauna Club」のメンバーが使用。しかし、2020年に行われた安全検査で電気系統の不具合とヒーターの故障が見つかり、メンバーはその修理費用を賄うことができませんでした。そこで関係者たちは、補助金を得て施設を復旧させるべく、法的に価値が認められる「イギリス指定建造物」への申請に向けてかじを切ります。

Photograph: Wendy Liu / British Sauna Society

 この動きを先導したのは駐英フィンランド大使のユッカ・シウコサーリ(Jukka Siukosaari)。シウコサーリはThe Guardianの取材に対し、「ユニークな建築としての観点だけではなく、フィンランド・イギリス関係史、両国のスポーツ史における重要性の観点からも同施設を保存する価値がある」と語っています。

 クラブの幹事で出納係も務めるリチャード・ヤング(Richard Young)もこのように発言しました。「この場所は単なるサウナではなく、社交の場なのです。スポーツセンターにもサウナはありますが、騒がしいし、いろいろな種類の人がいます。でも、ここでは皆が友達です。ここでの交流が懐かしく感じます。くつろげて、偽りがない。特別な場所です」

Photograph: Wendy Liu / British Sauna Society

 2024年1月19日、同施設は「イギリス指定建造物」の2級に指定されています。

 「イギリス最古のサウナが『指定建造物』に」では、さらに情報を紹介しています。是非チェックしてください。

著者プロフィール:タイムアウト東京 編集部

タイムアウト東京は、ロンドンを中心に、ニューヨーク、上海、クアラルンプール、テルアビブ、アムステルダム、シドニーなど、世界108都市39カ国に広がるメディア、タイムアウトの東京版です。「本当に素晴らしいものは、世界のどこであれ誰であれ感動を与えてくれる」という考えの下、日本の優れたヒト、モノ、コト、コンテンツ、サービスを英語・日本語のバイリンガルで発信しています。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆