連載
» 2023年12月04日 13時17分 公開

東京、イルミネーション2023タイムアウト東京のオススメ

東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。

 秋から冬にかけて東京では、何百万もの色とりどりのライトが木々や建物を彩り、東京はきらめくワンダーランドと化します。東京のイルミネーションはその中でも最大かつ最高のものと言えるでしょう。

 イルミネーションは仲間と一緒に楽しむのが一番。重ね着をして、スカーフを持って、最も明るく華やかな輝きを見に出かけましょう。

Photo: Mori Building

 虎ノ門ヒルズ周辺には、期間限定の光のアートが出現。本イベントは、毎年アムステルダムで開催される世界最大のライトアートフェスティバルの運営チーム、Light Art Collectionとのパートナーシップにより実現しました。

 世界中のアーティスト、建築家、プロダクトデザイナーが手がけた、息をのむような7つのインスタレーションに出合えます。オーバル広場では、生物発光ライトが芝生広場にちりばめられました。ホタル畑のような見事なディスプレーは、オランダのStudio Toerによるものです。

 西桜公園では、台湾のUxU Studioがデザインした、リングを積み重ねた竜巻のような光のインスタレーションが迎えてくれます。遊歩道のステップガーデンには、緑の中に浮かぶ色とりどりのチョウが観られます。こちらもぜひ立ち寄ってみてください。

 「LIGHT ART」は、2024年1月8日(月・祝日)まで開催されます。

Photo: Yomiuri Land

 東京で最も派手なイルミネーションを探しているなら、よみうりランドに注目です。毎年冬に開催する光のショーは、熱烈なイルミネーションファンをも魅了します。ショーの主役は「宝石」で、広大なテーマパークのいたるところに、文字通り何百万個もの色とりどりの光が設置され、きらめく宝石を連想させます。

 園内は10のエリアに分かれ、美しくライトアップされたアトラクションも楽しめます。ハイライトは噴水ショーで、カラフルなイルミネーションが施された水が空中に噴射され、見事な形を作り出します。毎日17時から15分ごとに3種類のショーを実施。音楽とシンクロする噴水の炎やレーザーも必見です。

 「ジュエルミネイション」は、2024年4月7日(日)まで楽しめます。

Photo: Marunouchi Illumination

 全長約1.2キロもある丸の内仲通りも見逃せません。今年は約360本の街路樹が、約120万個のシャンパン色のLED電球でライトアップされます。また、新丸の内ビルディングにあるリニューアルしたばかりの丸の内ハウスでは、テラス席が期間限定でライトアップ。

 テラスには屋外ヒーターを完備し、暖を取りながら快適に過ごせます。

 「丸の内イルミネーション」は2024年2月18日(日)まで開催。皇居と東京駅の間にある行幸通りでは、2023年11月28日(火)から12月25日(月)まで、クリスマスを祝うイルミネーションも点灯されるので、合わせて訪れてみてはいかがでしょう。

 「東京、イルミネーション2023」では、さらに多くのイルミネーションを紹介しています。是非チェックしてください。

著者プロフィール:タイムアウト東京 編集部

タイムアウト東京は、ロンドンを中心に、ニューヨーク、上海、クアラルンプール、テルアビブ、アムステルダム、シドニーなど、世界108都市39カ国に広がるメディア、タイムアウトの東京版です。「本当に素晴らしいものは、世界のどこであれ誰であれ感動を与えてくれる」という考えの下、日本の優れたヒト、モノ、コト、コンテンツ、サービスを英語・日本語のバイリンガルで発信しています。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆