マネジメント力を科学する

「マネジメント力を科学する」の連載記事一覧です。

マネジメント力を科学する:

ブームともいえる1on1面談で、聞くのは良いが、ただ聞きっぱなしで、受け止めて対応する形になっていない企業も多くあるようだ。「業務」「職場」「今後」の3つの選択肢を提示して話題の幅を与え、自分で選べるようにしてはどうだろうか。

[井上和幸, ITmedia] ()
マネジメント力を科学する:

ブームともいえる1on1面談で、聞くのは良いが、ただ聞きっぱなしで、受け止めて対応する形になっていない企業も多くあるようだ。

[井上和幸, ITmedia] ()
マネジメント力を科学する:

自己決定感が担保できるとモチベーションが高まる」という法則がある。同じ決定内容でも、上司など他の人が決めたことには反発し、自分が決めたことには同意する。人間の心理とはそういったもの。

[井上和幸, ITmedia] ()
マネジメント力を科学する:

ハッキリ言うのが苦手な人は、役割に徹してみてはいかがだろうか。

[井上和幸, ITmedia] ()
マネジメント力を科学する:

コロナ以降、「部下が何を考えているのか分かりにくくなった」という相談が増えてきた。部下が自立して、いきいきと働いてもらうために、上司として何ができるのか。

[井上和幸, ITmedia] ()
マネジメント力を科学する:

経営者やマネジメント、リーダーには2つの「描く力」が必要だ。

[井上和幸, ITmedia] ()
マネジメント力を科学する:

個人も、世の中がどう変化するのかを自分で考えながら、自分の本当にやりたいことに近づく準備とアクションを自分でするべきだし、しなければならない。

[井上和幸, ITmedia] ()
マネジメント力を科学する:

企業間の競争はもはや一個人で一生懸命考えているアイデアのレベルだとでは到底太刀打ちできず、「アイデアや知恵のコラボレーション」が必要だ。

[井上和幸, ITmedia] ()
マネジメント力を科学する:

理念に則ったことをしても評価されなくなり、逆に理念に則らないことをしたほうが評価される企業や組織では、理念は言葉だけになってしまい、社員のやる気は失われる。

[井上和幸, ITmedia] ()
マネジメント力を科学する:

マネジメント自体がメンバーのやる気を削ぐ行動をしてしまっているということに気付かせることが、まずなによりもやらなければならないことだが、幾つかの具体的方法を教えてもらった。

[井上和幸, ITmedia] ()
マネジメント力を科学する:

やる気が失われたり、モチベーションが下がる原因として、上司の問題と組織の問題がある。特に社員に当事者意識、主体性があるかないか。その差がすごく企業力格差を生んでいる。

[井上和幸, ITmedia] ()
マネジメント力を科学する:

経営者やリーダーが発揮すべきEQ、「感情的知性」のファーストステップは「心の鍵を開ける」こと。

[井上和幸, ITmedia] ()
マネジメント力を科学する:

5つの力からなる「経営者力」を下支えしているのは、EQ。

[井上和幸, ITmedia] ()
マネジメント力を科学する:

ビジネスの特性にはいろいろなものがあるが、「経験」と「EQ」と「IQ」この3つが高いとビジネスの成功率が高いということが分かっている。しかしこれらの組み合わせによる失敗率の比較に面白い結果が見られた。

[井上和幸, ITmedia] ()
マネジメント力を科学する:

グローバルの人材会社であるアデコ社が2020年に、世界8カ国で「パンデミック後に何が変わるか」を調査した結果「これからはEQの高いリーダーが求められる」とある。さて日本では……。

[井上和幸, ITmedia] ()
マネジメント力を科学する:

いまグローバルのトップクラス経営者たちから2020年代の必須ビジネススキルとして認識されている「EQ」とは。

[井上和幸, ITmedia] ()
マネジメント力を科学する:

コミュニティー意識を持ったり、価値観を共有したり、ビジョン・ミッションを共有したりするのが「3.0」の世界。

[井上和幸, ITmedia] ()
マネジメント力を科学する:

大きな時代の流れ、変遷に伴ってリーダーシップスタイルが変化してきている。

[井上和幸, ITmedia] ()
マネジメント力を科学する:

猫も杓子もという感じになってきた「1on1」だが、中には「なんちゃって1on1」「勘違い1on1」も多く、逆に組織問題となっているケースも散見される。

[井上和幸, ITmedia] ()
マネジメント力を科学する:

コロナ禍で「メンバーマネジメント」「コミュニケーション」「管理」が難しくなり、マネジメントとして当然やるべきことやこれまでやってきたことが、難しくなっている。

[井上和幸, ITmedia] ()
マネジメント力を科学する:

四天王がカバーしている力は、これから経営陣を務める人に持っておいてほしい。

[井上和幸, ITmedia] ()
マネジメント力を科学する:

上司・マネジメントに当たる人は、人を使う力だけでなく、自分が人に使われる力が重要。その最たる人が、リクルート創業者の江副浩正さん。

[井上和幸, ITmedia] ()
マネジメント力を科学する:

「決断力(決める力)」を持つに至る人の7つの思考と行動とは。

[井上和幸, ITmedia] ()
マネジメント力を科学する:

もともと天才的にというよりも、仕事をやればやるほどどんどん視野が広くなっていく人がいる。そういう人は将来、構想力を持てるだろう。

[井上和幸, ITmedia] ()
マネジメント力を科学する:

日本を代表する社長となった人のが課長時代どんな動き方をしていたのか、あるいはどんなことを考えて動いていたのか、分析したら見えてきた共通して持つ3つの力。

[井上和幸, ITmedia] ()

アドバイザリーボード

根来龍之

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

小尾敏夫

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

郡山史郎

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

西野弘

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

森田正隆

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆