連載
» 2014年03月18日 08時00分 UPDATE

タイムアウト東京のオススメ:肉は塊に限る

東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。

[東谷彰子(タイムアウト東京),ITmedia]

 このところステーキレストランのオープンが相次いでいます。興味深いのが、これまで少なかった「エイジングビーフ」などをうたった、欧米スタイルのステーキが食べられる店の存在。2013年の輸入牛肉の規制緩和などの影響もあってかファミリーレストランなどでも目にするようになりました。鉄板焼きで高級霜降り肉も最高ですが、今回は、がっつり肉を頬張りたいという時におすすめの店舗を紹介します。

wolf.jpg

 アメリカの人気店ウルフギャングステーキハウス 六本木では、アメリカ農務省(USDA)の格付けで最上級の品質と認定された「プライムグレード」の牛肉のみを使用。ここへ来たらやはり、サーロインとフィレを一度に楽しめる看板メニューのTボーン「プライムステーキ」を注文してください。芳醇な香り、さくさくと香ばしい表面、中から溢れる肉汁のアメリカステーキの神髄を堪能できます。

wakanui.jpg

 麻布十番にあるグリルダイニング WAKANUIでは、栄養豊富な牧草地で18ヶ月放牧されたオーシャンビーフをはじめ、ニュージーランド産の肉を使用。「オーシャンビーフ リブアイ」は、適度に脂で柔らかく、肉の濃い味わいもしっかり。ソースはフルーティーなワインベースと、酸味の効いた醤油ベースの2種が添えられていますが、どちらも肉の味を邪魔しない程よい存在感があります。

age.jpg

 霜降りの和牛をエイジングで楽しめる店、飯田橋 グリルド エイジング・ビーフ。「厚切り 塊肉グリル」は稀少部位を含むさまざまな部位を200グラムから注文可能です。種類が多く迷ってしまいますが、好みを言えば店員がおすすめの部位を紹介してくれます。入り口にあるショーケースで部位や熟成の状態を見て、気になるものを注文する楽しみかたも。おすすめは赤身ながら、噛み締めると脂の甘みが広がる「ナカニク」。

 このほかにも「東京 、注目ステーキ10選」では、銀座や新宿にある注目店をご紹介しています。ちょっとだけ贅沢な気分にもなれるステーキを、自分へのご褒美として食べるのはいかがでしょうか。

著者プロフィール:タイムアウト東京 コンテンツ・ディレクター 東谷彰子

toya120.jpg

タイムアウト東京は、ロンドンを中心に、ニューヨーク、上海、クアラルンプール、テルアビブ、アムステルダム、シドニーなど、世界35都市に広がるメディア、タイムアウトの東京版です。「本当に素晴らしいものは、世界のどこであれ誰であれ感動を与えてくれる」という考えのもと、日本の優れたヒト・モノ・コト・コンテンツ・サービスを英語・日本語のバイリンガルで発信しています。


関連キーワード

| アメリカ | おすすめ | 人気


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中!!  旅行券(5万円)をプレゼント!

「ITmedia エグゼクティブ」は上場企業および上場相当企業の課長職以上の方が約5500人参加している無料の会員制サービスです。
 会員の皆さまにご参加いただけるセミナーや勉強会などを通じた会員間の交流から「企業のあるべき姿」「企業の変革をつかさどるリーダーとしての役割」などを多角的に探っていきます。
 新規でご入会いただいた方の中から抽選でお1人さまに、JTB旅行券(5万円)をプレゼントします。初秋の旅で、日頃の疲れをいやしていただければと選びました。どうぞご応募ください。

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆