連載
» 2012年01月12日 08時00分 公開

1万人の諸先輩が語る30代の後悔――一生懸命だけではうまくいかない時代、どう生きればいいのかビジネス著者が語る、リーダーの仕事術(3/3 ページ)

[大塚 寿,ITmedia]
前のページへ 1|2|3       

真面目だけではうまくいかなかった――新しい価値は真面目からは生まれない

 「遊んでいる人ほどうまくいく」といったら極端ですが、どうやら言われたことを真面目にコツコツこなしても、30代では戦力として評価されることはなくなってしまいました。

 太古の昔から勤勉であることは、日本人の美徳としてずっと共有されてきましたが、現在の50代や定年を迎えた諸先輩が口々にいうのは「真面目だけではうまくいかなかった」という後悔なのです。

 結局のところ成熟期を迎えた日本企業にとって、もはや言われたことだけをコツコツこなすだけの人材は大衆人材、コモディティー人材と評され、戦力としてはカウントされない存在となってしまいました。そのような業務に携わる人にはコストはかけられないので、システムに置き換えるとか、アウトソーシング、派遣社員を登用するのは経営上当たり前のことです。

 30代でコモディティー人材にならないためには、どれだけプラスアルファの価値が生み出せるかが重要になります。そのためには自分で自分の仕事に勝手に線を引いたりせずに、あらゆることに首を突っ込んで、そのヒントをつかみ取る行動が不可欠です。自分の好奇心のアンテナを一層高くして新しい価値探しに明け暮れようではありませんか。

著者プロフィール:大塚 寿(おおつか ひさし)

1962年、群馬県生まれ。株式会社リクルートを経て、ヤマメの養殖で留学資金を作り渡米、アメリカ国際経営大学院(サンダーバード校)MBAを取得。現在、オーダーメイド型企業研修および法人営業コンサルティングを展開するエマメイコーポレーション代表取締役。また、株式会社宣伝会議の提案営業力養成講座の講師としても活躍中。

著書に「30代を後悔しない50のリスト」「40代を後悔しない50のリスト」(ダイヤモンド社)、「職場活性化の『すごい!』手法」「リクルート流」「リクルート式」「25歳からの社会人力」「売れる営業、売れない営業」(以上、PHP研究所)、「資料送っておいてと言われたらチャンスと思え!」(双葉新書)、「バイトでも億稼ぐ不況なのに元気のいい会社」(徳間書店)、「オーラの営業シリーズ」(Nanaブックス)、共著に「伝わる化」「法人営業バイブル」「転職力」(以上、PFP研究所)「部下のやる気を2倍にする方法」(ダイヤモンド社)がある。


前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆