連載
» 2012年01月19日 08時00分 公開

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:ラッキーな人の法則――The Laws of Lucky People (2/2)

[小杉俊哉,ITmedia]
前のページへ 1|2       

「ラッキーな人」に共通する行動

 では、「ラッキーな人」に共通する行動は何かというと、以下の3つにまとめられます。

 1、「自己承認と自己確立」

 2、「他者支援と感謝」

 3、「直観と洞察力」

 そして、それぞれに「法則」と言えるべき共通の特徴が見られます。

 「ラッキーな人」が行っている1、「自己承認と自己確立」とは、どのような法則が含まれるかというと、具体的には以下のようなものです(抜粋、以下同様)。

 「あえて楽観主義を選んでいる」

 「弱みよりも強みを生かす」

 「たまたまから自分の道を開いていく」

 「いまここにいる」

 「成功よりも失敗が多い」

 「やるほうを選ぶ」

また、2、「他者支援と感謝」には、以下のような法則があります。

 「ギブ・アンド・ギブである」

 「悪口を言わない」

 「いろいろな居場所をもつ」

さらに、3、「直観と洞察力」には下記のような法則があります。

 「道理を大事にする」

 「流れを見て、流れに乗る」

 「非合理に重きを置く」

 さらに、いわゆる成功者と言われる人たちの生き方を調べました。彼らには、まず「自己承認と自己確立」を行い、ビジネスパースンであれば、いわゆる中年の危機を経て、「他者支援と感謝」を身に付けるようになります。

 若いうちは、自信満々で「オレがオレが」「わたしがわたしが」と上昇志向、周囲への影響力を持つことが一つの重要な要素なのですが、男性なら40代前半、女性なら30代前半の時期を経てそのままだと、周りが付いてこなくなります。

 後輩や部下を支援して、今自分がこうあるのは周りの人のおかげ、と感謝の念を持ちそれを表現し、さらには後進や周囲の人たちを支援することが必要なのです。ピークが早いスポーツ選手ですと、もっとずっと若い時期にこの転換が必要となります。

 さらに、「ラッキーな人」は「直観と洞察力」も併せもちます。「アンラッキー」な人もそれを持つと認識している人も多数いますが、勘違いもまた多いようです。あくまでも1、2との組み合わせで持つことが必要です。

 これらの「法則」を知り、実践することで一人でも多くの「ラッキーな人」が世の中に増えることを心から願って止みません。

 なお、DVD版「ラッキーな人の法則」でTSUTAYAのビジネス・カレッジ・コーナーで1月よりレンタル開始されます。前著「ラッキー」をつかみ取る技術の記事もぜひ参照ください。

著者プロフィール:小杉俊哉

早稲田大学法学部を卒業後、日本電気株式会社(NEC)入社。マサチューセッツ工科大学(MIT)スローン経営大学院修士課程修了。マッキンゼー・アンド・カンパニー、ユニデン人事総務部長、アップル人事総務本部長を経て独立。慶応義塾大学大学院政策・メディア研究科准教授経て、現在、慶応義塾大学SFC研究所上席所員。合同会社THS経営組織研究所代表社員。専門は人事・組織・キャリア・リーダーシップ開発。組織が活性化し、個人が元気によりよく生きるための真理を探究。組織と個人の両面からアプローチ、支援している。著書に『ラッキーをつかみ取る技術』(光文社新書)、『キャリア・コンピタンしー』(日本能率協会マネジメントセンター)など多数。


前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆