連載
» 2020年03月26日 07時19分 公開

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:会社が、「手放したくない」と思う人が、持つフォロワーシップとは (2/2)

[伊庭正康,ITmedia]
前のページへ 1|2       

 横軸は、「自らが率先する力(協働する力)」です。

 言うだけでなく、問題があるなら、役割を超えて、率先して行動するチカラです。これが低い人は、言うだけの人、もしくは言われるまでやらない人、というわけです。

 職場に問題を感じる、今のままでは「職場の計画」が未達成になりそうな時、上司や誰かが対策を考えてくれる、と受け身になるのではなく、自分なりに考え、上司と会話をしてみる、それだけでも、「会社が手放したくない」、そんな人物になれるはずです。

会社との関係性を整える(「ジョイン」する、というフラットな感覚)

 でも、こう思う人もいるのではないでしょうか。そんなことを言える立場ではないし、生意気な奴だと思われないだろうか、と。実際、ある大手メーカーの人からこんな話を聞きました。

 「上司に嫌われたら、10年は出世できない」そうなると、とてもじゃないけどフォロワーシップを発揮することは難しくなります。余計なことをしない道を選ぶのが正解になってしまうからです。

 でも、厳しいことばになるかもしれませんが、ご容赦ください。ある大手企業役員の本音を聞いたことがあります。

 「いい人は、どうでもいい人」。つまり、Aさんでも、Bさんでも組織への影響がないなら、人件費の安い人にお願いした方が、筋としては正しい、それがこの役員の言葉でした。(怖い話ですが、リストラ対象にもなりかねない、ということを示唆しています)

 背筋がゾっとしましたが、冷静に考えると、確かにそうだろうな、と納得せざるを得ませんでした。

 もし、サバイバルの時代、「手放したくない人物」と思われたいなら、マインドから変えることをお勧めします。「上司に嫌われたら生きていけない」のパラダイムを疑うことです。

 最近、転職のあいさつ、またSNSでの転職の報告に「ジョインする」という言葉が飛び交っています。まさに、これが時代の空気であり、その会社の“やっていること”が面白いので、その会社に所属するというより、ジョインする、という考え方です。

 2003年の古い本ですが、「フリーエージェント社会の到来(ダニエル・ピンク)」という本が一世を風靡した頃から、そんな発想が浸透してきました。内容は、これからの社会は、フリーエージェント(雇用されない生き方)の社会が到来するといった論調でしたが、面白いのはこの本で示唆しているマインドでした。

 会社を辞めずとも、フリーエージェント的に働く「フリーエージェント社員」といった選択もある、と説いていた点です。契約は社員契約ですが、マインド、ライフスタイルを「フリーエージェント」のように考えませんか、というものでした。

まさに、会社から自律した考え方ともいえるでしょう。

 いかがでしょう。職場によっては、上司にものを言うのはためらわれる、といった雰囲気もあることでしょう。実際、上意下達なので、上司に対してものを言うのは難しいといった声もありますし、なかには、「ウチの上司は考えが古いから」「上司自身のヤル気が低いので」といった声も聞きます。

 でも、そこが、あなたの見せ場だと考えてください。確かに、あなたの上司はダメかもしれません。職場は、まだ上意下達かもしれません。でも、あなたが問題だと思うなら、きっとあなたの上司の上司も、または経営者も、変えたいと思っているはずです。

 今回は、拙著『トップ3%の人は、「これ」を必ずやっている』で紹介し、私の会社でも人気研修となっている、注目が集まる「フォロワーシップ」のポイントを整理しました。スマートに自分らしさを貫き、それでいて会社にとってなくてはならない存在になる、そんな人材になるための一助になればうれしいです。

著者プロフィール:伊庭正康

らしさラボ 代表取締役(セールス・リーダー育成トレーナー)。

1991年リクルートグループ入社。営業としては致命的となる人見知りを4万件を超える訪問活動を通じ克服。リクルート社において、プレイヤー部門とマネージャー部門の両部門で年間全国トップ表彰4回を受賞、累計表彰回数は40 回以上。その後、営業部長、フロムエーキャリアの代表取締役を歴任。

2011年らしさラボを設立。リーディングカンパニーを中心に年間250回のリーダー研修、営業研修、コーチング、講演を行っている。リピート率は9割を超える。

著書は、『トップ3%の人は、「これ」を必ずやっている』『できるリーダーは、「これ」しかやらない メンバーが自ら動き出す「任せ方」のコツ(PHP研究所)』『強いチームをつくる!リーダーの心得(明日香出版社)』『残業ゼロだからこそ目標達成!!本気でやるチーム時短術(明日香出版社)』など多数。その活動は、日本経済新聞、日経ビジネス、など多数のメディアでも紹介される。


前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆