連載
» 2021年06月28日 07時00分 公開

モビリティを構成する5つのエコシステム視点(2/2 ページ)

[山本和一,ITmedia]
Roland Berger
前のページへ 1|2       

4、乗員や荷物にとって過ごしやすい車室空間モジュール

 ヒトが過ごす空間やモノを保管し運ぶ空間を1つのエコシステムとして捉える。そこには、日々の生活の空間、仕事をする空間、リラックスする空間、商売の空間、モノを保管し加工する空間、などが含まれ、そのためのハードウェア・制御・ソフトウェアなどが含まれる。そして、モビリティにこのような空間モジュールが作られ移動するということとなる。よって、単にヒトが座って移動する、モノが積まれ運ばれるだけではなく、多様なシーンや過ごし方に合わせた車室空間が創造されることとなる。

5、エンドユーザーへのサービスを提供する顧客接点モジュール

 多様なシーンで常に顧客とつながり、多様なサービスを提供する、それにより収益を得る一連の流れを1つのエコシステムとして捉える。リアルもデジタルも含めた多様な顧客接点を持ち、顧客接点で多様なサービスを提供できるプラットフォームが用意され、そこに多様なサービスが載せられ、同時に個々の顧客の情報も取得する。スマートフォン・タブレット・実店舗などと並びモビリティはその多様な顧客接点の1つして捉えられる。

これからの戦い方

 モビリティが果たす機能の幅が広がる中、それぞれのエコシステムで強みを持ったプレイヤーが、“エコシステムを主語”に進化を遂げようとしている。必ずしも“モビリティ全てを主語”として捉えるのではなく、何を起点・何を強みとして、どのエコシステム/エコシステムの組合せを念頭に、どのような立ち位置やビジネスモデルを築き上げるのか、考えていくことが求められる。

著者プロフィール

山本和一(Waichi Yamamoto)

慶應義塾大学理工学研究科修士課程修了後、ローランド・ベルガーに参画。自動車、航空などのモビリティー分野、及び製造業を中心に、幅広クライアントにおいて、ビジョン策定、事業戦略、新規事業戦略、戦略の実行支援など、多様なプロジェクト経験を有する。また、官公庁への支援も豊富であり、多様のステークホルダーを俯瞰した日本の産業競争力の強化へも取組む。


関連キーワード

電池 | 進化 | 自動車 | 競争力 | 電気自動車


前のページへ 1|2       

Copyright (c) Roland Berger. All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆