連載
» 2023年12月26日 07時07分 公開

入棺体験も、終活をテーマにしたスナック「めめんともり」が森下にオープンタイムアウト東京のオススメ

東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。

 2024年2月15日(木)、人生の終わりである「終活」をテーマにした「終活スナック めめんともり」が誕生。これから訪れる老後や死についてオープンに語り合いたい、いざという時に支えてくれる人やつながりを見つけたいなど、終活についてさまざまな気持ちを持つ人が集うサードプレイスを目指していきます。

画像提供:終活スナック めめんともり

 オーナーでママを務めるのは、海洋散骨の第一人者である村田ますみ。2016年には住吉区に、日本で初めて「終活」をテーマにしたコミュニティーカフェ「ブルーオーシャンカフェ」をオープンしました。2021年に営業終了するまでの間、「生き方」と「逝き方」を考えるというコンセプトでさまざまなイベントが行われたそうです。

 同店は「カラオケないけどカンオケあります」というキャッチフレーズで、軽飲食と会話が楽しめます。葬送ブランドである「GRAVE TOKYO」のショールームも兼ねており、世界にたった一つのオーダーメイド棺おけを展示。いつでも入棺体験ができるというユニークなスナックです。

画像提供:終活スナック めめんともり 入棺体験の様子

 「1日ママ」も募集しており、いつかはスナックのママをやってみたいという人のために、めめんともりのママとしてカウンターに立てる機会を提供。メニューは日本全国のローカル缶詰を扱う缶詰専門店「カンダフル」の珍しい商品を扱っています。ドリンクには、知る人ぞ知る江東区の地酒などがラインアップする予定です。

画像提供:終活スナック めめんともり 「カンダフル」の缶詰め

 現在、オープンに先立ちクラウドファンディングを実施。1500円から支援ができ、リターンには「一日ママ券」や「遺影写真撮影券」「入棺体験ワークショップ」などを取り揃えています。重いことだからこそ人にはあまり話せない「死」と「生」について気軽に語り合える空間の誕生を後押ししてみませんか。

 「入棺体験も、終活をテーマにしたスナック『めめんともり』が森下にオープン」では、さらに情報を紹介しています。是非チェックしてください。

著者プロフィール:タイムアウト東京 編集部

タイムアウト東京は、ロンドンを中心に、ニューヨーク、上海、クアラルンプール、テルアビブ、アムステルダム、シドニーなど、世界108都市39カ国に広がるメディア、タイムアウトの東京版です。「本当に素晴らしいものは、世界のどこであれ誰であれ感動を与えてくれる」という考えの下、日本の優れたヒト、モノ、コト、コンテンツ、サービスを英語・日本語のバイリンガルで発信しています。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

根来龍之

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

小尾敏夫

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

郡山史郎

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

西野弘

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

森田正隆

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆