連載
» 2016年11月10日 07時10分 公開

チャンスをつかむプレゼンビジネス著者が語る、リーダーの仕事術(2/2 ページ)

[中谷彰宏,ITmedia]
前のページへ 1|2       

 本来、聞き手を説得するのは、スクリーンではなく話し手です。スティーブ・ジョブズも、プレゼンの失敗を自分で認めたことがあります。それは、スクリーンに映し出したビル・ゲイツをよけたことです。これは、ビル・ゲイツの勝ちを意味します。しかも、ビル・ゲイツはスクリーンに大きく映っていました。

 「例えビル・ゲイツがスクリーンに大きく映っても、それを遮るように前に立ち、自分の体にビル・ゲイツが映っているなら自分の勝ちだった」というのが、スティーブ・ジョブズが反省して出した答えです。

 よくスティーブ・ジョブズのプレゼンの形だけをマネする人がいます。一見、スティーブ・ジョブズのプレゼンは何げなしにしているように見えます。実際は、多くの失敗を乗り越え、試行錯誤を繰り返してあの形になったのです。

ホワイトボードに近づきすぎると、自信なく見える

 今、パワーポイントが増えている中、ホワイトボードを使う効果は大きいです。パワーポイントは、どんなに文字をあとから追加してスクリーンに表示されても、結局は家で準備したものです。聞き手とは一緒につくっていません。

 ホワイトボードは目の前で書くので、聞き手と一緒につくられたものです。例えば、学校の先生の授業もプレゼンです。先生が「これ、どう思う?」と聞いて、生徒が答えたことをホワイトボードや黒板に書いた瞬間に、話し手と聞き手が一体になります。聞いている側は自分の意見が書かれたと思うからです。

 聞き手の言った答えがくだらないことでも、ホワイトボードに書くことによって「これであなたとは味方だよ」となります。いまいちだなというアイデアもホワイトボードに書きましょう。

 これは、ブレストで起こります。「もっとない?」「今、ここに書いたのと似てるね」と言って書いてもらえないと、アイデアを出した人はガッカリします。チャンスをつかむ人は、似ていることも全部書きます。「自分の意見が書かれている」と思った時点で、そのアイデアの賛成派になります。

 これがパワーポイントではできないことです。僕は「黒板芸」と呼んでいます。パワーポイントがこれだけ多く使われている時代に、講演や講義でホワイトボードを使っています。

 これは、駿台予備校の講師の先生から学んだことです。

 予備校の先生は、黒板芸が圧倒的にうまいのです。英語の先生でも、事前につくったパワポで授業をするよりは、生徒の目の前で黒板に書く授業のほうが面白いです。

 ましてや企画会議では、「自分の言ったアイデアがホワイトボードに書かれること」が大切です。

 最終的に自分のアイデアを通したいと思う時は、ホワイトボードに向かう立ち方で勝負が決まります。チャンスをつかめない人は、ホワイトボードに近づいて立ちます。チャンスをつかむ人は、ホワイトボードから最も離れたギリギリのところに立ちます。

 基本は、聞き手にお尻を向けないことです。聞き手に背中を向けるのは、説得力が弱くなります。聞き手を見ながら、ホワイトボードから最も離れた位置に立って書けばいいのです。

 これこそが会場全体を支配でき、説得力のあるリーダーのホワイトボードの書き方なのです。                   

著者プロフィール:中谷彰宏

作家

1959年、大阪府生まれ。早稲田大学第一文学部演劇科卒業。博報堂勤務を経て、独立。91年、株式会社中谷彰宏事務所を設立。

【中谷塾】を主宰。全国で、セミナー、ワークショップ活動を行う。【中谷塾】の講師は、中谷彰宏本人。参加者に直接、語りかけ質問し、気づきを促す、全員参加の体験型講義。

著作は、『チャンスをつかむプレゼン塾』(学研パブリッシング)など、1,000冊を超す。


前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆