ニュース
» 2015年07月17日 08時00分 公開

ITmedia エグゼクティブ勉強会リポート:20代男性が好きなサッカー選手は?――つぶやきの分析でマーケティングが変わる (2/2)

[山下竜大,ITmedia]
前のページへ 1|2       

防災分野や金融分野で有効な特化型分析

 特化型の分析事例としては、防災分野や金融分野などの事例が挙げられる。防災分野の事例では、ソーシャルネットに投稿された台風の被害状況や地域名、写真などの情報から、被害状況をリアルタイムに把握して、台風の進路を予測できる。またGPSの活用で、竜巻の被害状況を、発生場所も含めて早い段階で把握することもできる。

 「台風や竜巻、ゲリラ豪雨などが発生する場所を正確に特定することは難しい。そこで、ソーシャルメディアに投稿される気象情報を抽出し、分析することで、防災分野に活用することは、被害状況の把握や早期の避難などにおいて、非常に有効な手段の1つといえる」(佐藤氏)

 例えば埼玉県和光市では、Twitterを使った防災訓練がすでに実施されている。この防災訓練は、和光市の災害に関するハッシュタグ"#和光市災害"を定め、大規模災害が発生した場合に、被災状況に関する情報収集の手段の1つとしてTwutterを活用するためのもの。迅速かつ確実な被災状況の把握を目指している。

 金融の事例では、クレジットカードの加盟店審査がある。クレジットカードの加盟店審査では、審査先に対するソーシャルメディアの書き込みから、テキストデータ解析を使って有用な情報を抽出し、社内の基本情報とともに分析することで、より高度な審査業務を可能にし、業務を高速化している。

 佐藤氏は、「事例を中心に紹介したが、そのまま適用してうまくいく事例は存在しない。他社の事例はカタログ的に参照することはできるが、"勝利の方程式"は、自ら作りあげなければならず、覚悟して取り組まなければ結果は出ない。またマーケティング部門が作る施策と情報システム部門が作る情報分析基盤の間に壁ができることも多い。それでもこれらの課題を乗り越えて、次世代ソーシャルメディア分析によりイノベーションを実現してほしい」と締めくくった。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆