連載
» 2016年04月14日 08時00分 公開

ビジネスリーダーのための、コンサルタント起業を成功させる3つのポイントビジネス著者が語る、リーダーの仕事術(2/2 ページ)

[五藤万晶ITmedia]
前のページへ 1|2       
※本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

 もちろん、「ビジネスタレント」を目指すとか、「講演業をする」という考えであれば、何も問題はありません。目指す方向と活動が一致しているので成果もでやすいでしょう。ただし、あくまでもコンサルタントを目指すとしたら話は別です。これまでに培ってきた経営現場での知的ノウハウを生かして、クライアント企業の業績向上を手伝い、真に自らの人生を生かした活躍をしたい……と考えるなら、「コンサルタント業の成功戦略」を熟知し、実行しなければ夢は遠のくばかりです。

 「自分はこんなことをするために独立したんだろうか?」といった誰にも言えない悩みを抱えながら、講演で地方行脚している人も数多くいます。また、意味不明な作業のためにクライアント先に赴いたり、数万円のためにおべっかを使って話を聞くだけだったり……。「何でこんなことをしているんだろう」と気付いても時すでに遅しです。ボタンの掛け違いに気付かなかったがための深い悩みです。

 怖いのは、コンサルタント業と、その他のビジネスタレントや講師業、士業……などとは、収入はもちろんのこと、ビジネスとしての寿命や黄金期もまったく違ってくる点です。もし、これらを知らずして間違った方法で活動してしまうと、一番の稼ぎ時にピークを過ぎていたり、歳を重ねるからこその利点を生かすことなく、チャンスをみすみす逃してしまいかねません。これまでのビジネスリーダーとしての活躍を真に次に生かすためにも、しっかりとした戦略づくりが欠かせないのです。

 そして、コンサルタント起業を成功させる3番目のポイントは、「自分が提供するコンサルティング」を、商品化することです。これは、「何か困っていることに対応する」というのがコンサルタントと思っている人が多いのですが、実際には、売れるコンサルタントになればなるほど、自分のコンサルティングの特徴を打ち出し、商品化しています。

 お店でも何でも、昔からの名店や名を馳せているところは、必ず「ウリ」があります。「何でも屋」状態で売れるということはありません。何でも対応するのがコンサルタントだと思っていると、単なる下請け仕事しかできず、自分にしかできない仕事をする……ということからはほど遠い状態になってしまいます。自分の強みをしっかり持ったコンサルタントだからこそ、大いなる活躍が実現するのです。

 そのためには、「私はこのコンサルティングができます!」という、コンサルティングという無形サービスを、「売れるカタチの商品化」これを「コンサルティングの体系化」と言いますが、このことが極めて重要となってきます。

 これら一連の3つの重要ポイントを押さえることで、コンサルタント起業の成功確率は確実に高まります。ビジネスリーダーからコンサルタント起業を実現する──。あなたが次のステージを考えるとき、「コンサルタント業」は、その選択肢に加えるだけの魅力があります。

著者プロフィール:五藤万晶(ごとうかずあき)

コンサルティング業専門のコンサルタント。株式会社ドラゴンコンサルティング代表取締役。

徹底してコンサルティングビジネスにこだわり、コンサルタントと講演業、セミナー講師、士業などの他の先生業との違いを、日本で初めて明確化させた斯界の第一人者。これまで、130人以上を直接指導し、各人の強みと特長を最大限に引き出し、年収3千万円以上の売れるコンサルタントを数多く輩出。「人のコンテンツを絞り出す天才」と称され、鋭い洞察力と実績から、各方面から依頼が絶えない。「キラーコンテンツづくり」を指導し、なかには年収1億円を超えるコンサルタントも生まれている。

著『売れるコンサルタントになるための営業術』『コンサルタントのための“キラーコンテンツ"で稼ぐ法』(同文舘出版)


前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆