連載
» 2015年07月14日 08時00分 UPDATE

タイムアウト東京のオススメ:仕事帰りはアクアリウムで飲む

東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。

[タイムアウト東京,ITmedia]
aquapark_1.jpg

 蒸し暑い季節、都心のアクアリウムでクラゲを眺めながら、冷えたビールで喉を潤す。そんな過ごし方を叶えてくれる新施設が、品川駅前に誕生します。タイムアウト東京編集部は、7月10日(金)オープンの「エプソン アクアパーク品川」を訪ねてきました。

 同施設は、最先端の音と光と映像による演出が楽しめる、次世代アクアリウムを核としたエンターテインメント施設です。館内は11のゾーンに分かれ、都心にありながら、クラゲやマンタ、イルカ、ペンギン、オットセイ、さらにはカピバラまで、世界の水辺からやってきた多種多様な生き物たちに出会えます。

aquapark_3.jpg

 発光サンゴの光が照らすフロアには、ビールやコーヒーなどの各種ドリンクが揃うカフェバーがオープンしました。ドリンクを片手に他のゾーンにも移動できるので、好きな水槽の前で飲み物を楽しめるのが嬉しいところ。隣には、ゆらゆらと漂うクラゲたちの間を散策できるゾーンが待っているので、そちらでのんびりと飲むのも楽しそうです。

 さらに、上階には、光や音で彩られたイルカショーを見られるスタジアム、ペンギンやアシカたちのステージが楽しめる屋外スペース、マンタやエイが泳ぐトンネル状の大水槽、カメレオンやカピバラが暮らすジャングルなど、様々なゾーンが広がっています。

aquapark_2.jpg

 注目したいのは、お得な年間パスポートの存在。品川駅前というアクセスの良さに加え、夜22時まで営業していることを考えると、年間パスポートを手に入れて、気が向いたら仕事帰りにふらりと寄り、ビール片手にクラゲやイルカショーを眺めて帰るというのもおすすめです。

 同施設についての詳しい情報は、こちらの記事「クラゲを眺めながら、冷えたビールを。品川駅前に、次世代アクアリウム、エプソン アクアパーク品川が誕生」で紹介しています。蒸し暑い夏に、涼みに出かけてみてはいかがでしょう。

著者プロフィール:タイムアウト東京 編集部

timeout120.jpg

タイムアウト東京は、ロンドンを中心に、ニューヨーク、上海、クアラルンプール、テルアビブ、アムステルダム、シドニーなど、世界108都市39カ国に広がるメディア、タイムアウトの東京版です。「本当に素晴らしいものは、世界のどこであれ誰であれ感動を与えてくれる」という考えのもと、日本の優れたヒト・モノ・コト・コンテンツ・サービスを英語・日本語のバイリンガルで発信しています。


関連キーワード

水族館 | ビール | イルカ | ペンギン


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆