連載
» 2016年01月14日 08時00分 公開

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:一流と二流の違いは、ほんのちょっとした差 (2/2)

[伊庭正康,ITmedia]
前のページへ 1|2       

二流は、「暑いですね」から入り、一流は、「何」と言う?

 初対面の時、まずは心の扉を開いてもらわねばなりません。多くの営業マンは、さしあたり天気の話をしますが、相手の警戒心を説くには足りません。警戒心を解くには、「褒めどころを褒める」のが一番。

 「褒めどころ」とは、相手にとって大切にしている「こと」や「もの」、もしくは「考え」。

 例えば、「しっぽが、かわいいワンちゃんですね。なかなか、いませんよ」と言われて、「うるせえ」と思う飼い主はいないでしょう。商談の冒頭で「褒めどころ」を褒めると、警戒心が一瞬にして解けます。

 こんな感じ。

 「ありがとうございます。お会いできて嬉しいです。受付のご対応に感動しました。いろいろな会社に伺いますが、なかなかないです。」お客さまは、こう思うことでしょう。「えっ、そうかな?」と。警戒心が、解けた瞬間です。

 もちろん、心にも無いことを言う必要はありません。お世辞はスグに分かります。些細なことにも「関心」を持つことはできます。関心を持つのは、才能ではなく、行動。必ずできます。

一流は、「なかなか、ない」と関心を示す


「今はいらない」と言われた時、二流は、「あきらめ」、一流は、「何」と言う?

 「別に、今はいいかな」なかなかお客さまの本心を聞き出せない時があります。とっておきの方法を紹介します。それが、「点数」で聞く方法です。嫌味なくグッと踏み込んだヒアリングができます。

「今のお車でお困りのことはございますか?」

「う〜ん……今は大丈夫かな。特にトラブルもないしね……」

「それは、すてきですね。1つだけ、お伺いしてもよろしいでしょうか?

 もし、今のお車に点数を10点満点でつけるとしたら何点でしょうか?」

「そうだね……。え〜、8点かな」

「あと2点は、どんなことがあれば良いとお考えですか?」

「そうだね〜……。燃費かな。リッター7キロなんだよね」

「と、おっしゃいますと」

「来月に生まれるの。子供が。お金がかかるからさ。」

「それは、おめでとうございます!」


 最初は「大丈夫」と答えていたお客さまでしたが、「燃費に不満を感じている」ことをキャッチすることができました。このように、「点数」で聞くだけで、隠れたニーズをあぶりだすことができるようになります。

一流は、「10点満点では?」とクイズにする


プレゼンの時、二流は「あの人も使っている」と説得し、一流は、「何」と言う?

 プレゼンとは「説得」をすることではなく、「納得」を得るための行為。ここを忘れてはなりません。とっておきの提案法、それが「選択肢」を示す方法です。

 A案は、リーズナブルな案。B案は、あなたがベストだと考える本命案。そして、次の流れで提案します。

 「A案メリット」→「A案デメリット」→「B案デメリット」→「B案メリット」の順に伝えます。やってみましょう。

【例:リフォーム営業の場合】

 1つは、「知人にお願いする」方法(A案)。もう1つは、「複数の専門業者の中から選ぶ」方法です(B案)。

 「A案は知人の紹介なので安心できます。一方、複数から選べない点が残ります。B案は、確かに少し面倒です。しかし、複数から選べるので納得感を得られます。目的を考慮されると、どちらがお考えに近いですか。」


 いかがでしょう。B案を選んでもらえるように感じませんか。このように選択肢を示すことで、納得できる決定をしてもらえます。

一流は、「選択肢」を示す


 さて、まとめます。一流の営業マンが実践するひとつひとつのルールを紹介しました。私は、商品を売る前に、自分を売ることこそが大事だと考えます。冒頭でも言いましたが、ほとんどは「スキル」というより「知っているかどうか」だけのことも少なくありません。まだまだ、営業を面白くすることはできる、そう思っていただけたら本望です。

著者プロフィール:伊庭正康

 1969年京都生まれ。1991年リクルートグループ入社(求人情報事業)。営業職としては致命的な人見知りを4万件を超える訪問活動を通して克服。

 その後は、リクルート社においてプレイヤー部門とマネージャー部門の両部門で年間全国トップ表彰4回を受賞、また累計表彰回数は40回以上の社内表彰を受け、営業部長、(株)フロムエーキャリアの代表取締役を歴任。リクルート流の「圧倒的な当事者意識」を持つ、組織作り、営業マン育成法を会得。

 2011年、研修会社(株)らしさラボを設立。リクルートで学んだ「圧倒的な当事者意識」を持つことの大切さを説くべく、年間200回を超えるセッション(営業研修、営業リーダー研修、コーチング、講演)を行っている。リピート率は95%。

 また、ストレスコーピングコーチとして、ビジネスパーソンのメンタルタフネス強化の支援も行っている。近著には、『絶対に残業しない人の時短(しごと)のワザ』『強いチームをつくる!リーダーの心得』など多数。その活動は、日本経済新聞、日経ビジネス、など多数のメディアでも紹介される。


前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆