連載
» 2014年10月09日 08時00分 公開

逆境を一瞬で打破した人々が体得した「努力」×「閃き」の法則ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術(2/2 ページ)

[おかのきんや,ITmedia]
前のページへ 1|2       

目が覚めた

 明け方、木枯らしが窓を激しく叩く音で、目が覚めかけました。半覚醒状態のまま、不思議な自問自答が始まりました。

 「あなたは、すべての方法を試した、やりつくしたと絶望していますね」

 「はい、もう、万策尽きました……」

 「でも、たったひとつだけやっていないことがあります」

 「えっ……、それは……、なんですか?」

 そのとき、突然「閃き」が訪れたのです。

 「あなたが、たった一つだけやっていないこと。それは、人を輝かせることです」

 確かに、その通りです、それまでの私は、「輝きたい!」「売れたい!」「見返したい!」ばかりの半生でした。自分のことだけで精一杯でした。「人を輝かせよう」とは夢にも思いませんでした。

 自問自答は、さらに続きます。

 「でも、こんなに、落ちぶれている僕が、人を輝かすなんて、できっこないじゃないですか」

 「できます! 靴墨になればいいのです」

 「えっ!?」

 「靴墨は真っ黒です、でも靴をピカピカに光り輝かせることができます」

 「あ! なるほど! それなら、今の私にでも、できそうです」

 そう納得した途端、売れっ子漫画家に対する、コンプレックスが消え、集英社向けのアイデアが、一瞬で「閃き」ました。布団から起き上がり、5分後には企画書が完成していました。タイトルは「聖まるこ伝・ちびまる子ちゃん名言集」です。図々しくも、既に、強烈に光り輝いている「さくらももこ」さんを、さらに光り輝かせようと思ったのです。

 集英社向けの企画は100本ほど集まり、最終的に「聖まるこ伝」だけが書籍化されました。それも、6万部のベストセラーになるという、思ってもいない結果が出たのです。5分で作り上げた企画の印税は、私がその前年に、悪戦苦闘して得た年収とほぼ同じでした。

 それを機に、私は、それまで未知の分野だった、本の企画作りに携わるようになりました。漫画家時代には、35年間で、たった2冊の本しか出せませんでした。ところが、新たな道を歩み始めると、あっという間に、40冊以上の本を出版することができたのです。

なぜ苦境から抜け出せなかったのか

 なぜ、私は35年間、死ぬほどの努力をしても、苦境から抜け出せなかったのか。今なら、その理由がはっきりと分わかります。それは、「間違った努力」をしていたからです。不安、緊張、焦りからなされる努力は「悪あがき」でしかありません。歪んだ設計図からは、歪んだ結果しか出てこないのです。

 では、「正しい努力」とは、なんでしょうか。

 それは、「閃き」により、明確な方向を示された、必ず健全な結果が出る「努力」です。本書でとりあげた26人の方々が、それを実証されています。

 断言します。「閃き」による逆境の打破は、再現性と普遍的があります「大なり小なりの奇跡」を必ず引き起こします。

 そして、次に奇跡を起こすのは。今、この記事を読み終えた、あなたかもしれません。

著者プロフィール:おかのきんや

エッセイスト・漫画家・企画立案家・「企画のたまご屋さん」出版プロデューサー。西沢泰生氏を見出し、売れっ子作家にする。『壁を越えられないときに教えてくれる一流の人のすごい考え方』、『大切なことに気づかせてくれる33の物語と90の名言』は西沢氏と二人三脚でつくりあげたヒット企画。書籍の企画立案をした主な著名人、片岡鶴太郎、湯川れい子、さくらももこ、など。著書に『しあわせトリック』(ポプラ社)、『人生の時間銀行』(扶桑社)、『「磯野家」の幸福』(晋遊舎)などがある。


前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆