連載
» 2014年11月13日 08時00分 公開

「仕事ができる人」より、「品のある人」が、チャンスをつかむビジネス著者が語る、リーダーの仕事術(2/2 ページ)

[中谷彰宏,ITmedia]
前のページへ 1|2       

 「あの人は、仕事ができて、チャンスをつかんでいるじゃないか」と言う人もいます。あの人は、「仕事もできて、マナーもできている人」だから、チャンスをつかんでいるのです。

 「仕事ができて、品がある人」は、誰でも仕事を頼みたい。「仕事ができなくて、品のない人は」には、誰も仕事を頼みたくない。勝負は、「仕事ができて、品のない人」と「仕事はできないけど、品のある人」のどちらに頼むかです。

 答えは、明白です。チャンスをつかむのは、「仕事はできないけど、品のある人」です。

 「品のある人」と「ない人」の些細な差が、「仕事のできる人」と「できない人」の大きな差になる。「品」は、年齢は関係ありません。ベテランでも、品のない人はいます。若くても、品のある人はいます。要は、品をつけるマナーの勉強をしていたかどうかです。

 「マナーを誰も教えてくれなかった」と言う人もいます。誰も、教えてくれません。「品のある人」に、教えてくれる人がいたのではありません。「品のある人」は、自ら、教えてくれる人を、探しだしたのです。品は、向こうから、教えてくれません。

「品のある人」になるまずスタートラインは、「自分がマナーを学んでこなかった」ということに気づくことです。「品のない人」とは、自分の品のなさに気づかないことです。「品」とは、自分が品のないことをしたことに、気づけることです。

 部下に嫌われるタイプは、横柄な上司です。「横柄な人」とは、性格的な問題ではありません。たまたま、マナーを勉強してこなかっただけです。

 「品が苦手」と言う人もいます。実際は、苦手なのではなく、「習ってなかった」だけです。

 「品のある人」と「品のない人」の差は、ほんの些細なことです。このほんの些細なことが、「仕事のできる人」と「仕事のできない人」の大きな差になるのです。

著者プロフィール:中谷彰宏

作家

1959年、大阪府生まれ。早稲田大学第一文学部演劇科卒業。博報堂勤務を経て、独立。91年、株式会社中谷彰宏事務所を設立。

【中谷塾】を主宰。全国で、セミナー、ワークショップ活動を行う。【中谷塾】の講師は、中谷彰宏本人。参加者に直接、語りかけ質問し、気づきを促す、全員参加の体験型講義。

著作は、『叱られる勇気』(PHP研究所)、『品のある人、品のない人』(ぱる出版)など、950冊を超す。公式サイト http://www.an-web.com/


前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆