連載
» 2015年04月09日 08時00分 公開

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:今日も208回謝った! でもそれは、チャレンジの証 (2/2)

[野呂エイシロウ,ITmedia]
前のページへ 1|2       

上司の頭は謝るためにある

 困ったことがあったら上司を上手に使えばいい。上司に「一緒に謝りに行ってもらっていいですか?」と事情を説明しよう。

 それが責任感につながります。上司も「この部下のためならしかたがないな」と思ってくれるはずです。そして、いつの日かあなたが上司になったら謝ればいいのです。

 謝る数の多さは、出世の証です。

 ぜひとも謝りましょう。それが近道です。

謝るべき内容を探せる大人になろう

 謝るのは誰しも嫌です。

 と思うのは大きな間違いです。

 それは大きな間違い。

 ボクは謝るべきことを懸命に探しながら生きています。

 「すみません、先日の事は」

 「すみません、早く着いてしまって」

 「すみません、この店こんでいて」

 と、少しでも変なことがあったら謝ります。

 そうボクのせいかどうかは関係ありません。その事柄について、謝るべきかどうか?真剣に考えてどんどん謝ります。

 すると、世の中の変なこと。不備なこと。仕事上、可笑しいことなど次々と発見があります。

 「このエレベーター遅いな」と思ったら、一緒に乗ったクライアントに「すみません、遅くて」と謝ります。で、「どうしてこのエレベター遅いんだろう?」と調べてみます。するとワイヤー式ではなく、油圧式だったので遅いことが分かりました。

 次回からは「すみません、このエレベーター油圧式で遅いんです」と謝ればいいのです。説明すればいいのです。「原因」「謝罪」「解決」がセットになり出世につながります。ぜひとも。

今日も200回以上謝る

 ボクは毎日200回以上謝ります。数えてみたらそんな数字でした。そして、謝ることはその瞬間に上下関係を構築することができます。

 ボクは上下関係において、常に「下」にまわるのが望ましいと思います。偉い人、会社の社長さんは、優秀な部下を探しています。自分よりも優秀な人を欲しいわけではありません。だったら優秀な部下に成りましょう。そのためにまずは謝ればいいのです。上下関係がハッキリつきます。

 とにかく謝る。

 謝ることは出世の道。

 しかも一流企業のビジネスパーソンは謝るのが非常にうまい。ぜひともそこを探ってください。すると、新たな道が導き出されるはずです。

 まずは、謝る。

 全てはそこから始まります。

 さあ、今日も元気に謝ろう!

著者プロフィール:野呂エイシロウ

1967年愛知県生まれ。愛知工業大学卒。放送作家・戦略的PRコンサルタント。学生時代に「現役の学生」を武器に、電気メーカー、広告代理店との会議に参加。学生向け家電企画の立案・宣伝・PRに携わる。その後、『天才・たけしの元気が出るテレビ!!』で放送作家デビュー。『ザ!鉄腕!DASH!!』『奇跡体

験!アンビリバボー』『ズームイン!!SUPER』などに携わる。テレビ局独特の“笑い”にあふれた会議で、話し方や雑談力、提案力を鍛えられる。放送作家としての「番組をおもしろくするネタづくりのノウハウ」をいかし、30歳の時から“戦略的PRコンサルタント”としての仕事をスタート。企業の商品やサービスを一般の人に「おもしろそう!」「欲しい!」と思ってもらうような独自の戦略立案を行っている。これまでに、「SoftBank」「ライフネット生命」「GROUPON」「Expedia」「ギルト・グループ」「hulu」「FolliFollie」「ビズリーチ」「ルクサ」をはじめ、金融機関、自動車会社、アパレルブランド、飲食店など、国内外の企業90社以上があり、“かげの仕掛け人”として活躍している。著書に、『「話のおもしろい人」の法則』(アスコム)、『終わらす技術』『稼ぎが10倍になる「自分」の見せ方・売り出し方』(以上、フォレスト出版)、『毎日○×チェックするだけ!なぜかお金が貯まる手帳術』(集英社)、『プレスリリースはラブレター』(万来舎)、『好かれるのはどっち!?』(総合法令出版)、『ビジネスは、恋愛だと思えば全てうまく行く!」(実業之日本社)


前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆