連載
» 2012年05月17日 08時00分 公開

動きたくて眠れなくなるモチベーション──リーダーシップの3つの法則ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術(2/2 ページ)

[池田貴将,ITmedia]
前のページへ 1|2       

法則2:デタラメに影響を与えていないか?

 影響力を与えるレシピに基づいて、部下とコミュニケーションをとれば、自然と影響力は拡大していく。デタラメなコミュニケーションは、デタラメな結果をもたらす。

ステップ1:相手と信頼関係をつくり、世界観を理解する。

 「相手」の悩み、「相手」の目標、「相手」の考え方。影響力は常に「相手」からスタートする。

ステップ2:レバレッジを探り出す。

 人は「このためだったら頑張れる」という「レバレッジ」を持っている。ある人は「家族のため」かもしれないし、ある人は「名誉」のためかもしれない。

ステップ3:結果の出ないパターンを変える

 今どんなパターンに入っているのかを理解しよう。特に、姿勢や表情のパターンを変えてあげるだけで、気持ちはグンと軽くなる。

ステップ4:問題を解決可能に定義する。

 自分にはできない、というように捉えていたらものごとへのモチベーションは下がる一方だ。「これならできる!」と相手に思わせてあげることが大事。

ステップ5:解決に向けた選択肢を定める

 「正しい選択」かどうかはやってみないと分からない。どれだけ早く、小さな失敗をするかが鍵。そこからどれだけ早く学ばせてあげられるかがリーダーシップの秘訣。

ステップ6:うまくいく方法をクセ・仕組みにする

 時代は常に「仮説と検証」を求めている。だからこそ、うまくいった仮説は「クセ・仕組み」にしよう。マニュアルにしたり、他の人でもできるようにしよう。

ステップ7:セルフイメージを変える

 部下の「わたしはこれくらいの人」というセルフイメージを高めて上げよう。「このゴールを実現するのにふさわしい人物なんだ」と思わせてあげよう。人は、「信じている自分像」に合う言動を取りつづける。

法則3:毎日に「ビジョン」を登場させているか?

 「ビジョンが大事」「ミッションが大事」という言葉は、最近のビジネス書では繰り返し語られている。そして、人の感情のメカニズムからみても、仕事をやらされるよりは、「何のためにこの仕事をしているのか?」が分かる方が人はモチベーションが上がる。

 しかし、一度つくられても、色あせてしまうのが、世の中のビジョンのほとんどだ。「あれ? うちのビジョンは何だろう?」と思い出せない人がほとんどである。思い出せなければ、実現するのは夢のまた夢。毎日ビジョンに向かっていくためには、以下の2ステップを意識しよう。

ステップ1:ひと呼吸で言えるビジョンをつくる。

 ビジョンという壮大な未来像は、ほとんどの場合、難しい言葉でつづられている。筆文字で、額に飾るのが似合いそうな言葉がイメージされる。しかし、それでは、ビジョンは化石になる。生命がなくなる。

 ビジョンとは、部下やメンバーやあなたの背中が物語るものでなければならない。そのためには、ひと呼吸で言えるようなシンプルな表現をつくろう。額縁もあっていい、ただ、それは流通しない。流通するための「シンプルな表現」をつくろう。額よりもTシャツにプリントされるのが似合うぐらいがちょうどいい。

ステップ2:「わたしたちのビジョンが○○だから……」という言葉からはじめる。

 あなたの部下が、何かの仕事をするときに、それに取り組む理由は何だろうか? 「わたしたちのビジョンが○○だから、このプロジェクトを成功させよう!」とリーダーが発言すると、部下たちも「ビジョン」と「プロジェクト」の関係を意識するようになる。

 「仕方がないからこの仕事をしよう」ではなく、「うちのビジョンはこれからだから、この仕事をしよう」ビジョンとは「未来」のことだが、「今日を変えるもの」でなければならない。未来を変えるために、今日を変えていく人は、みなリーダーである。

著者プロフィール:池田貴将

早稲田大学卒。株式会社オープンプラットフォーム代表取締役。世界No.1コーチ アンソニーロビンズ「直伝」トレーナー。

大学在学中に渡米し、アンソニーロビンズ本人から指導を受け、そのノウハウを日本のビジネスシーンで活用しやすいものにアレンジ。

セミナーを開催すると、たちまち「ラクにすごい結果がでた」「説明が面白くて理解しやすい」と企業リーダーたちの間で評判になりファンやリピーターが急増した。今では経営者や実務家だけではなく、ビジネス作家やコンサルタントなどの「専門家」も多く参加するセミナーのトレーナーとして全国でも広く知られている。著書に『未来記憶』(サンマーク出版)がある。


前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆