連載
» 2015年05月07日 08時00分 公開

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:優秀なリーダーほど、コンサルタントを上手に使っている! ――自社、自部門の業績を向上させる、本当のコンサルティング活用策 (2/2)

[五藤万晶,ITmedia]
前のページへ 1|2       

 もちろん、国家資格でも何でもありませんので、誰が自由に付けても問題ないのですが、コンサルタントを活用する側、つまり経営者やリーダー層の人たちが、こうしたことをしっかり理解していないと、「こんなはずでは……」といったことになりかねないのです。

 また、研修とコンサルティングの違いを、しっかり理解していないリーダーも多いのが現状です。研修専門の人でも「○○コンサルタント」と称している人が大勢います。肩書はともかく、指導内容の違いを発注者側が理解していなければ、当然ながら期待すべき成果を得ることはできません。

 研修には研修が効果をあげるための、社内の体制が必ず必要です。このことを理解せずに、闇雲にスタッフ教育や訓練を行っても、「熱いのは3カ月だけ……」といったことが起きます。研修の本質を理解していないからです。

 一方で、研修の人と専門コンサルタントを比較して、値段が安いからと「似たようなことをやってくれそうな安い人」に発注して、いつまでたっても仕組みができあがらずに、ドブにお金を捨てている会社も数多くあります。お金だけなら幾らでも取り返せますが、失った貴重な時間は、永遠に返ってきません。それだけライバル企業に後れを取ったという現実を直視しなければなりません。

 翻って、「コンサルタントは、会社が傾いた時に頼むもの」とか、「大手企業がもの凄い高い料金を払って使うもの」といった、古い間違ったイメージを持っているリーダー層もまだまだ多いかもしれません。

 しかし、専門コンサルタントの料金は、新入社員の給料より安い場合がほとんどです。これで自前でやるより遙かに短期間かつ高確率で、社内に新たな仕組みができて、しかもコンサルティング終了でもう料金は発生しない……という、メリットもあるのです。

 人を抱えるメリットもありますが、自前で行っていく場合、うまく立ち上がるかどうかと無関係に固定費が重なっていくリスクが避けられません。一方、仕組みを構築して稼働してから社員を増やす場合、リスクは大幅に軽減されます。

 世の中が進んでいっているのと同様、現場で培われた優れた実務ノウハウを有効に活用できる会社が成長する時代です。コンサルタントに対する正しい理解、コンサルタントの本当の活用方法、そして、本物のコンサルタントを見分ける方法……といったことは、これからのビジネスリーダーにとって、必須の実務になってくることは間違いありません。

著者プロフィール:五藤万晶(ごとうかずあき)

株式会社 日本コンサルティング推進機構 代表理事

「コンサルタントをコンサルティングするプロ」として、社長とコンサルタントからもっとも頼られているユニークな指南者。社長とコンサルタントを経営者目線でマッチングさせることができると高い評価を得ている。

経営者専門のコンサルティング機関である日本経営合理化協会にて、20年以上にわたり、数千人の社長やコンサルタントと深く関わり、多くの企業の事業発展に貢献。

「経営者に役立つ、本物のコンサルタントを世に広めたい」という強い信念で、コンサルタント専門の育成機関 (株)ドラゴンコンサルティングを設立、同社代表取締役。指導・アドバイス実績は1000人近くになる。なかには社長からの圧倒的な支持を集め、年収1億円を超えるコンサルタントを輩出している。

一方で、経営者に本物のコンサルタント情報を発信するべく、有識者と株式会社日本コンサルティング推進機構を設立。経営者とコンサルタント双方に、「まっとうでフェア」なコンサルティング活用を啓蒙し、東奔西走の毎日。


前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆