連載
» 2015年05月21日 08時00分 公開

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:挨拶ができる人は、会話ができる (2/2)

[中谷彰宏,ITmedia]
前のページへ 1|2       

 声に出すといっても、ただ「ワー」言っただけでは伝わりません。横を向いたまま目線をはずして「おはようございます」と言っても、相手は誰にされているのかわかりません。

 本人の中では、声を出したつもりです。挨拶や会話には、必ず方向性があります。声を出すと同時に、正対して相手の目をちゃんと見て挨拶することが大切なのです。

挨拶のルール3:挨拶は、離れたところからする。

 挨拶の苦手な人は、近くに寄ってから声をかけようとします。近くに寄ると、相手から挨拶されてしまいます。遠くから声をかけられないのは、恥ずかしいからです。「だって、みんなに見られたら恥ずかしい」と言うのです。

 会話は「恥ずかしい」と思った瞬間、アウトです。見られたからといって、別にどうということはないのです。

 挨拶の上手な人は、離れたところから挨拶します。一流のサービスマンや流行っている食べ物屋さんは、遠くからでもちゃんと気づいてくれます。

 流行らない飲食店は、近くにいて目が合っているのに、気づきません。「今、目をそらしたよね」ということになるのです。「遠くから」の基準は、最低5メートルです。挨拶のできない人は、ほぼ相手の肩越しで声をかけます。

 これは気持ち悪い上司のパターンです。「何読んでるの」と、いきなり肩越しで声をかけるのです。声をかけられた人は、ドキッとします。映画の悪役の登場シーンと同じです。

 主人公は、必ず遠くから声をかけます。ブラッド・ピットもジョージ・クルーニーも、カウンターの向こう端から、ニッコリ笑って声をかけるのです。

 会話もまったく同じです。最低5メートルなので、10メートル先でも、20メートル先でも、廊下の端からでも声をかけることが大切なのです。

 いかがですが。挨拶をしていたつもりで、あやしかったですね。このほかにも、挨拶のルールは、7つあります。挨拶が、きちんとできるようになるだけで、会話力が飛躍的にアップするのです。

著者プロフィール:中谷彰宏

作家

1959年、大阪府生まれ。早稲田大学第一文学部演劇科卒業。博報堂勤務を経て、独立。91年、株式会社中谷彰宏事務所を設立。

【中谷塾】を主宰。全国で、セミナー、ワークショップ活動を行う。【中谷塾】の講師は、中谷彰宏本人。参加者に直接、語りかけ質問し、気づきを促す、全員参加の体験型講義。

著作は、『会話力のある人は、うまくいく。』『片づけられる人は、うまくいく。』(いずれ も、学研パブリッシング)など、960冊を超す。


前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆