連載
» 2015年02月12日 08時00分 公開

ありのままの自分を発揮してもらおう――良いプレイヤーが良いマネージャーになるための3つのポイントビジネス著者が語る、リーダーの仕事術(3/3 ページ)

[吉沢康弘,ITmedia]
前のページへ 1|2|3       

ポイント3:メンバー同士の組み合わせを頻繁にテストする

 こうして各メンバーが、自分のありのままの仕事をある程度できるようになってきたら、今度は「きっとこういう組み合わせにすると、お互いにありのままの自分を発揮しやすくなるだろう」という仮説を立て、大きな仕事、小さな仕事、定常的な仕事、突発的な仕事といった、さまざまな局面で、実際にその組み合わせを試してみるのがお薦めです。

 例えばですが、書籍で紹介した「直感的にトレンドをつかむ」堀江氏と、「理詰めで理論の組み立てを行う」辻氏は、2人で1つの仕事を組むと、検討の要素や基となる仮説を堀江氏がどんどん持ち込み、それを即興で辻氏がホワイトボードに取りまとめ、チームとしての議論を深めていくという、絶妙のバランスを誇っていました。この組み合わせも、最初からそうハマっていたのではなく、ある特定の取引先に関するパンフレットやキャンペーンの検討という場を2人が共同で持ったところからスタートしていました。

 逆に、上手くいかない組み合わせというのは、第三者から見ていても割とすぐ雰囲気や仕事の進み具合、個人個人の態度などから分かるもので、「あのチーム、今どうなのかな?」と周囲に聞いてみたりすれば、判断が容易になります。

 こうしたときは「どうやったら改善できるだろうか?」「どうしてそうなったんだろうか?」というのを、ある意味深く考え過ぎずに、次の組み合わせに移行するという方法が有効です。むしろ、組織としてのチームの組み方をあまり固定化しすぎないようにし、色々なパターンを気軽に試せるようにしておくことが重要になってきます。

 いかがでしたでしょうか?こうした、「ありのままの自分」をメンバー同士が互いに発揮し、そこで伸び伸びと力を発揮するというアプローチを、試してみてはいかがでしょう。

 「仕事の強みの磨き方」の中では、ライフネット生命創業当時、実際に各メンバー同士がどのように強みを発揮し、補い合っていたかの事例を全ページの大半を使って紹介しています。「ありのままの自分の発揮イメージって、どんな感じだろう?」と思った方は、ぜひご一読ください。

著者プロフィール:吉沢康弘(よしざわ やすひろ)

インクルージョン・ジャパン株式会社 ディレクター

1976年神奈川生まれ。

東京大学大学院工学系研究科修了。

P&G、組織開発コンサルティングHumanValue社、および同社でのWebベンチャー創業プロジェクトを経て、ネットライフ企画(ライフネット生命保険の前身)に参画。ライフネット生命保険にてマーケティング・事業開発を担当後、ベンチャーの創業・成長を支援するインクルージョン・ジャパン株式会社を創業し、現在に至る。

研究者であった父の影響から、マーケティング・事業創出・組織マネジメントなどをアカデミックな視点で捉え、実業での経験をベースとして、その内容をとりまとめ、情報発信や他事業への展開を通して活用・検証することをライフワークとする。


前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆