連載
» 2014年03月06日 08時00分 公開

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:優れたリーダーに必要な対話術 (2/2)

[小林正弥,ITmedia]
前のページへ 1|2       

対話力とディベート力、会話力とは別物

 他の多くの人間の能力と同じように、人によって対話力には大きな違いがある。対話力を伸ばすため、身に付けるためには、やはり心がけて磨くことが重要なのである。

 そのためには、まず「対話とは何か」を知って、その方法を学ぶ必要がある。簡単に言えば、対話とは、考え方や価値観・世界観の違う人とも話し合って、お互いの理解を深め、考えることであり、それによってともに自分の考え方を深め、人格的発展や成功をもたらすことができるのである。

 グローバル化の時代の中で対話力の必要に気づく人は多くなってきている。でも、その中には、しばしばディベートを学んだり、会話術を身に付けたりすれば、対話がうまくなると思っている人がいる。実は、これは必ずしも正しくはない。対話は、ディベートとは同じではないから、ディベートの力を磨いても対話力が必ずしも身につくわけではなく、むしろ対話力が減ってしまうことすらあるのである。これでは、仕事の成功はもたらされないだろう。

 また、対話は会話や、まして雑談とは違うものと考えた方がいい。会話力や雑談力を身に付けても、必ずしも対話力にはつながらないのである。

対話術を身に付けるために

 「対話力」は、次のような力からなる。

  • 聴く力・傾聴する力
  • 思考する力・応答する力
  • 話す力・語る力
  • 振り返る力

 これらの力を身に付けるための方法が対話術である。『人生も仕事も変える「対話力」』では、これについて具体的に説明し、これらの力を身に付けるための簡単なトレーニング方法も説明した。これらを頭に入れて実際に行えば、対話力は伸びていくのである。

 このような対話についての考え方は、この本の最終章で書いたように、ソクラテス以来の「対話の哲学」に立脚しており、サンデルらの政治哲学とも深く関連している。このような思想的基礎が存在するところが、単なる対話や会話についてのノウハウ本とは違うところである。多くの方々が対話力を身に付けて、優れたリーダーとなっていくことを祈りたい。

著者プロフィール:小林正弥(こばやし まさや)

千葉大学大学院人文社会科学研究科教授、慶応義塾大学大学院SDM研究科特別招聘教授、日本ポジティブサイコロジー医学会理事。

1963年生まれ。東京大学法学部助手を経て、2006年より千葉大学大学院人文社会科学研究科教授。

1995〜97年、ケンブリッジ大学社会政治学部客員研究員。公共哲学・コミュニタリアニズムの研究を通じ、ハーバード大学のマイケル・サンデル氏と交流をもち、NHK教育テレビ「ハーバード白熱教室」で解説者を務める。

著書に『サンデルの政治哲学…<正義>とは何か』(平凡社新書)、『対話型講義原発と正義』(光文社新書)ほか多数。


前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆