連載
» 2014年05月15日 08時00分 公開

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:うそつきは「出世」の始まり!? できるウソのつき方とは? (2/2)

[マネー・ヘッタ・チャン,ITmedia]
前のページへ 1|2       

 一方逆にわれわれにウソをついてくる人たちにはどのように対応すべきでしょうか? それはウソはどういう時につかれることが多いのか、ウソにはどういう種類があるのかをわれわれが事前に知っておくことが第一です。

 ウソには、

  • 自分を守るためのウソ
  • 自分を良く見せるためのウソ
  • 相手を陥れるためのウソ
  • やさしいウソ

など何種類かあります。

 相手の言葉を鵜呑みにするのではなく、裏を取り、周りに評判を聞き、数字でも確認する。これを怠る人が世の中には実はかなり多いのです。

 今回「みにくいアサヒるの子」を書くにあたって、何人かウソをついている人に話を聞いてみると、ウソをつき慣れている人は、年齢、性別、年収、出身地、血液型、生年月日、勤め先、なんでも自分の思うままにウソをついていましたが、そしてそれがばれたことはほとんどないということでした。

 これらのウソのポイントは「相手が望んでいるウソ」をつくことでした。こうあってほしいという事柄が並ぶと、本来疑うべきところですが、当事者はそれを安易に受け入れてしまいます。相手が望んでいるニュアンスで物事を語れれば、それは相手の信頼を得ることにつながります。しかし、それを優先して、自分を偽りすぎると、あとで大きなしっぺ返しが待っています。

 一方悪意のある人間は、信頼を得るためならばどんな仮面でも被って、われわれが求める人間になりきり、色々なものを奪って去っていきます。そういう輩にだまされないために、自分自身も「ウソ」について耐性を作っておく必要があるのです。つくこともつかれることも、日常茶飯事の世界にいる人と、そうでない人では人生は大きく変化します。

 毎年ニュースになるわりにいっこうに減る気配のない「オレオレ詐欺」。これは日本人がいかにウソをつかれることに慣れていないか、何でも信じてしまいがちだという一例です。

 最近まで日本という社会ではウソをつく人はほとんどいませんでした。それで問題なく回ってきたことは、日本人として誇るべき事なのですが、それが少しずつ崩れてきている昨今。グローバルスタンダードという荒波でルールが変わっていく中で、新しいルールに加えられるかもしれない「ウソ」を効果的に学べるようになることも、これから必要になっていくことでしょう

 これを読んでくださった皆さまには、良いウソをつき、悪いウソを見破る力を仕事術のひとつとして得てほしいと思っています。愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶといいますが、その歴史を学ぶ一つの手段として、私の「ヘッテルとフエーテルのみにくいアサヒるの子 お金のために平気でウソをつく人たち」がお役に立てば、何よりもうれしいです。

 ※1アサヒる:(1)事実を捏造して悪く言ったり笑ったりする。(2)自分の 利益のために、ごまかしてうまく立ち回る。の意味

著者プロフィール:マネー・ヘッタ・チャン

「小難しいことを簡単に」をモットーとするビジネスサブカルチャー作家。

本業は、10年間負けなしのプロ投資家。 現在数億円を運用しながら、作家として金融世界でマネー減っちゃった可哀想な人たちの痛面白い話を、実体験を交えながら紹介している。


前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆