連載
» 2013年10月31日 08時00分 公開

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:「ここ一番」に強い人は「相手の脳ミソ」で考えている (2/2)

[伊庭正康,ITmedia]
前のページへ 1|2       

(1)負けず嫌い人(勝利志向)

 特徴は、せっかちで、白黒(勝ち負け)をはっきりさせたい人。勝利への執念が強い。ビジネスシーンでは目標達成への執念になる。対処のポイントは冗長的にならないこと。1つは「話す順序」に気を付けること。「まず結論から話し、その理由を語ってから、状況を説明する」のがお勧めです。2つ目は時間。「1分でも遅れてはダメ」ということ。このタイプは時間がルーズなことを嫌います。3つ目は、提案をするなら「選択肢を示す」ということ。彼らは決めつけられることを嫌います。

(2)目立ちたい人(注目志向)

 特徴は、目立ちたがりで、注目されたい人。ビジネスシーンでは評価や評判への執念が強くなる。対処のポイントはノリを大事にすること。1つは「大げさなくらいに共感する」こと。「さすがですね」「すごいですね」は常套句。2つ目は判断のポイントがユニークさにあること。提案をするなら「業界初」「誰もやっていない」などのコンセプトが大事。3つ目は、「振り回されない」ということ。彼らは意見がコロコロ変わります。早めに話を固めるようにしてください。

(3)やさしくありたい人(平和志向)

 特徴は、調和を大事にしたい人。ビジネスシーンでは「みんなの気持ちへの配慮」が強くなる。対処のポイントは一緒に考えること。彼らは決断が苦手です。1つ目は「相談にのる」こと。「一緒に決めていきましょうよ」は喜ばれる姿勢です。2つ目のポイントは「人に喜ばれる」提案であること。「○○さんも助かると思います」などのコンセプトが大事。3つ目は、「デッドラインを決める」ということ。このタイプは決断を先延ばしにする傾向があります。予定表を見ながら、一緒にデッドラインを決めましょう。

(4)納得したい人(論理思考)

 特徴は、納得感を大事にしたい人。ビジネスシーンでは「筋道」「確率」へのこだわりが強くなる。対処のポイントは「確からしさ」を示すこと。1つは「ノリですまそうとしない」こと。最も嫌われます。2つ目のポイントは「データや情報を示す」こと。自分で考えることで納得感を得たいと考えています。その材料となります。3つ目は、同じく「デッドラインを決める」ということ。このタイプは決断に時間を要します。デッドラインを決めておきましょう。

 このように、相手のルールが分かれば、無用のプレッシャーから解放されるだけでなく、ここ一番での「話の進め方」が見えてくるのです。ぜひ、日常のシーンでも意識してみてはいかがでしょうか。

最後に

 さて、今回、「ここ一番」に強い人は、ものごとを「相手の脳ミソ」で考えていると話しました。その理由を分かってもらえたでしょうか? 相手の思考で考えれば、対処の仮説を立てられるため、無用なプレッシャーはなくなります。今回は、「聴く」こと「相手のルールに合わせること」を抜粋して紹介しました。他にもさまざまなノウハウがあります。ご興味があれば、拙著「プレッシャーを味方にできる人50の方法」をご覧ください。皆さまの明日のビジネスの一助になれば幸いです。

著者プロフィール:伊庭正康

(株)らしさラボ 代表取締役 営業コンサルタント、ストレスコーピングコーチ

1991年リクルートグループ入社。営業としては致命的となる人見知りを4万件を超える訪問活動を通じ克服。一つひとつの行動をお客様の「期待に応える」のではなく、「期待を超える」ことにシフトするだけで、一気にリピート率が高まる法則を発見。リクルート社においても珍しいとされるプレイヤー部門とマネージャー部門の両部門で年間全国トップ表彰4回を受賞する。その後、営業部長、(株)フロムエーキャリアの代表取締役を歴任。

2011年リクルートを卒業し、(株)らしさラボを設立。「要望に応えず、願望に応えよ」「主語をWEに変えよ」「敢えて、ひと手間を加えよ」といった、誰もが出来る理論が評判を呼び、多くのリーディングカンパニーにおいて年間260回の研修、コーチング、講演を行っている。リピート率は91%。


前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆