視点

「視点」の連載記事一覧です。

視点:

市場環境が移り行く中で企業が持続的に発展していくためには、既存事業のみに依存せず、常に新たな事業の柱を構想、開発していくことが必要だ。

【染谷将人 , ITmedia】()
視点:

テクノロジーが大きく進化しAIやロボットに注目が集まる中、ヒトがどのような役割を果たすのだろうか。

【山本和一 , ITmedia】()
視点:

中長期のヘルスケア業界を形作る4つのキートレンドを組み込んだ上で、デジタル技術をいかに取り込んでいくかを明確にする必要がある。

【服部浄児 尾崎宥文 , ITmedia】()
視点:

新規事業開発は、ある種「確率論」である。

【中野大亮(ローランド・ベルガー) , ITmedia】()
視点:

製薬企業含む医療プロバイダは「医療の質の向上」と「医療コストの抑制」の二律背反をいかにして克服すべきだろうか。

【服部浄児 田尻健 , ITmedia】()
視点:

ロボティクス、AI、IoTといった次世代テクノロジーの進化と、活用の拡大は、ロジスティクスの根幹を変えようとしている。

【小野塚征志 , ITmedia】()
視点:

どの企業でも人材不足、採用難が叫ばれる中、リテンションやモチベーション向上による現有戦力最大化が、企業経営の重要な命題となっている。

【徳本直紀 藤原亮太 , ITmedia】()
視点:

新たな製造業の世界ではどのような事業機会が生まれるのだろうか。またその事業機会に対して日本のメーカーはどのような戦い方をするべきだろうか。

【佐藤大輔(ローランド・ベルガー) , ITmedia】()
視点:

製薬企業のみならず、昨今幅広い異業種にとって「ヘルスケア」「ライフサイエンス」「メドテック」は、多くの日系企業の成長戦略の要の一つとなっている。

【藤原亮太 , ITmedia】()
視点:

「買い方の未来」をふまえて、新しい事業価値刷新を検討するエクササイズをしてみたい。B2CやB2Bビジネスにおいて、新たな事業価値の発見ができればと考えている。

【中野大亮(ローランド・ベルガー) , ITmedia】()
視点:

telehealth、mHealth、AI、VR、ブロックチェーン……デジタル技術は、ヘルスケア業界にさらなる革新をもたらすための強力なテクノロジーだ。各技術の「現在地」を整理するとともに、各企業が「デジタル技術を活用して何を実現するか」を定義することが、デジタルヘルスの事業化の出発点と考える。

【諏訪 雄栄(ローランド・ベルガー) , ITmedia】()
視点:

他力を活用した新たな柱の構築、さらには事業モデルの転換を図る方策とは?

【渡部 高士(ローランド・ベルガー) , ITmedia】()
視点:

日本中で、新たな価値が量産され、それが輸出されている。こんな世界観を実現したい。

【長島 聡 , ITmedia】()
視点:

経済成長や安い労働力を背景とした従来型新興国ビジネスから、未来構想型の新興国ビジネスへシフトしていくべきである。

【山邉圭介 , ITmedia】()
視点:

イノベーションを起こしやすい時代になっている。発想を豊かにするためには、一産業に限らず横断的な視座で4つの枠組みで考えていくことが有効である。

【中野大亮(ローランド・ベルガー) , ITmedia】()
視点:

国内市場の成熟化に伴い、日本企業が海外企業を買収し成長を目指す、いわゆるクロスボーダーのM&Aが増加している。件数の増加に加え、1件当たりの買収金額も大きくなってきている。

【米田寿治 , ITmedia】()
視点:

「モノづくり力だけでは勝てない」「手元資金はあるが有望な投資領域が見いだせない」、多くの産業財メーカーが抱える共通の悩みではないだろうか。その解決策は?

【五十嵐雅之 渡邉諒也 , ITmedia】()
視点:

エネルギー需要は長期的にも成長が見込まれ、4つのDがトレンドを大きく変えていく。

【遠山 浩二(ローランド・ベルガー) , ITmedia】()
視点:

これからの10年間は、デジタル化への対応に加え、消費者の変化も見据えた対応、すなわちこれまでのビジネスモデルそのものの革新が求められる。

【福田稔 , ITmedia】()
視点:

薬価引き下げ、ジェネリックの台頭など、日本の製薬ビジネスを取り巻く経営環境が今後一層厳しさと複雑性を増していく。

【服部浄児 久保慶治 , ITmedia】()
視点:

昨今はさまざまな業務生産性に寄与するデジタルツールが展開されているが、自社内での業務整理ができていないままではその効力は最大限に発揮されない。デジタルと上手に向き合うためのポイントとは?

【徳本直紀 , ITmedia】()
視点:

自動車産業では今後生活者の車の持ち方、使い方、ひいては車両自体や事業者の業界構造にも大きな変化が訪れる。重要となるのは、不確実性を乗りこなす仕組みである。

【貝瀬斉 , ITmedia】()
視点:

Logistics 4.0 は、物流をボーダレス化し、競争環境が劇的に変容する。新しいビジネスモデルを構築することで、この変化を次なる成長の契機とすることが求めらている。

【小野塚征志 , ITmedia】()
視点:

デジタル新技術を活用した新規事業開発をいまやらなければ時代に取り残されると危機感を抱いている企業も多いだろう。しかし、自らの優れた経営資源を最大限活かすことを原点に着想することを決して忘れてはならない。

【五十嵐雅之(ローランド・ベルガー) , ITmedia】()
視点:

「デジタル」は、圧倒的な量と質の顧客との「直接の対話」を可能にした。成熟市場の中での、企業活動の競争力や新しい事業を生み出すきっかけになる。

【高橋啓介 橋本修平 , ITmedia】()
視点:

つながるビジネスモデルとは何かについてを商用車市場でのリマニファクチャリングを事例として紹介する。

【大橋 譲(ローランド・ベルガー) , ITmedia】()
視点:

デジタルの進化は人間のコミュニケーションのあり方を変えた。これまでの購買情報を基盤としたユーザー接点は飛躍的に拡大。IoT等により、常にユーザーに寄り添う企業の存在を可能にした。

【長島 聡 , ITmedia】()
視点:

質の高いものを開発し、つくりこみ、ふんだんに機能を揃えて販売する。この日本の製造業のモデルはジリ貧だ。生き残るためには新しいビジネスモデルを恐れずに挑戦すること。

【中野大亮(ローランド・ベルガー) , ITmedia】()
視点:

IoTやデジタル化はお客様の状況を捉えたり、経験や対話を記録したりする道具だ。これらの情報を活用して付加価値を高めたり、素早く生み出したりすることができる。

【長島 聡 , ITmedia】()
視点:

1番目の目標は「単一の市場 ・ 生産拠点」 はヒト・モノ・カネがASEAN域内で自由に流通し、広域で統合された経済圏を創出することを目指している。

【石毛陽子 山邉圭介 , ITmedia】()
視点:

TPPが大筋合意された状況を受けて、産業界で急速に普及・進展しつつあるIoTを活用し、脅威をチャンスに捉える日本農業の第四次構造改革の在り方を考察していく。

【佐藤大輔 五十嵐雅之 , ITmedia】()
視点:

ロジスティクスは、今までに3つの革新的変化を遂げてきた。第1の革新は、19世紀後半から20世紀にかけての「輸送の機械化」。第2の革新は、1960年代からの「荷役の自動化」。第3の革新は、1980年代からの「物流管理のシステム化」。そして、進みつつある第4の革新「Logistics 4.0」は?

【小野塚征志 , ITmedia】()
視点:

日本には世界が認める強い現場があり、人を慮る文化や革新的な要素技術もある。日本の強みを生かした「日本型インダストリー4.0」を推進していく上で、必要となる現場マネジメントについて考えてみる。

【長島 聡 , ITmedia】()
視点:

トレンドの変化はあまりに早い。単純計算で2013年と2014年の一年間でAmazonユーザーの約20%がスマートフォン経由へと移行した。数年で全く異なる世界が創出している。この業界のスピード感と自分のスピード感にズレが広がりだしていないだろうか?

【田村憲志朗 , ITmedia】()
視点:

保全の対象である設備・インフラが時代とともに大きく進歩してきたように、保全方式も進化を遂げてきた。原始的で無駄の多い手法から、よりハイテクで効率的に進化してきた保全方式は、大きく3つの世代に区分される。

【中野大亮(ローランド・ベルガー) , ITmedia】()
視点:

 Industry 4.0 は、IOTを核に、「繋がる」、「代替する」、「創造する」という3 つのコンセプトで製造業の復権を狙っている。

【長島 聡 , ITmedia】()
視点:

2020年にはグローバルデジタルヘルス市場は、1000億ドルの規模に成長するといわれている。しかし、その市場性についてはいまだ不透明な点が多い。あらゆる企業が期待を寄せる「デジタルヘルス」という巨大市場の本質はどこにあるのだろうか。

【徳本直紀 , ITmedia】()
視点:

低迷する欧州経済内では健闘しているドイツ。産業構成や勤労観が似ているドイツの中長期視点の経営に、強い日本企業を作るヒントを探る。

【岡村暁生 , ITmedia】()
視点:

日本企業が関わるM&Aは急増しすでに経営手法の一つとして定着した。しかし成功確率は50%以下との調査結果もある。クロスボーダーM&Aとなるとさらに成功確立は低い。成功に導くための5つの要件とは。

【渡部 高士(ローランド・ベルガー) , ITmedia】()
視点:

日本発のブランドがグローバルで成功するために必要なポイントは3つ。戦い方、鮮度、そして組織。

【福田 稔(ローランド・ベルガー) , ITmedia】()
視点:

企業を取り巻く環境は大きく変わっている。2000年代前半ですら、インターネットの急速な普及や情報技術の進展により、その前とは大きく変わっている。この10年間の変化は更にスピードを速めている。

【鬼頭 孝幸(ローランド・ベルガー) , ITmedia】()
視点:

エネルギーセキュリティ、低炭素社会の実現、エネルギー分散自立型社会の視点から、水素の利用は有意義だ。Hydrogen Hype(一時の盛り上がり)に終わらせないために。

【遠山 浩二(ローランド・ベルガー) , ITmedia】()
視点:

自然や社会を観察し、そこから得られた示唆を経営理論に応用するという考え方は汎用性が高い。ビジネスの世界をも支配する物理法則から、事業ライフサイクルを見極める。

【菊地泰敏(ローランド・ベルガー) , ITmedia】()
視点:

コンセプト主導型の製品開発以外でも、その場所を移動しながら発生するイノベーション。素材・部品から最終製品メーカーまで、企業がどのようにそれを捉え自分のモノにするべきかを考察する。

【大橋譲、佐藤大輔(ローランド・ベルガー) , ITmedia】()
視点:

市場の異なるニーズに応えることも重要だが、開発には不確実性が伴う。不確実性を乗り越えたうえで市場が求める製品を提供するためには、何が必要か。

【長島 聡、中村 健二(ローランド・ベルガー) , ITmedia】()
視点:

欧州の企業は、早くからメガトレンドを戦略の軸として考えてきた企業が多い。日本企業にとっても、今後の経営課題に対応する先行事例として参考にすべき点が多いのではないだろうか。

【菅田一基(ローランド・ベルガー) , ITmedia】()
視点:

本社業務に従事する従業員数は、10年前の約2倍の水準となっており規模は年々拡大している。さらに今後本社業務の増加及び多様化が進展すると考えられる。今後本社が持つべきケイパビリティとは? 事例からベストプラクティスを探る。

【中野大亮(ローランド・ベルガー) , ITmedia】()
視点:

自社の10年後、20年後の絵姿は明確だろうか。過去の成功体験に囚われ経営改革ができていない。今の日本企業に多い姿なのではないだろうか。10年後のありたい姿からのバックキャスティングによる計画づくりを試してみてほしい。

【平井 孝志、佐谷 義寛(ローランド・ベルガー) , ITmedia】()
視点:

日系電機メーカーにとって中国市場は魅力的だが難しい市場である。中国で成功するためには共存共栄が選択肢のひとつである。その具体的な方策は。

【大橋 譲(ローランド・ベルガー) , ITmedia】()
視点:

製品・サービスの陳腐化が加速度を増す中、新規事業開発の重要性が増している。ありがちな失敗パターンは、在るべき開発プロセス・体制は何かを探る。

【五十嵐雅之(ローランド・ベルガー) , ITmedia】()
視点:

人口の高齢化を「脅威」ではなく「機会」と捉え、いかに競合他社に対して先んずるか。これが今後企業に求められていく。

【森 健、中里 航平(ローランド・ベルガー) , ITmedia】()
視点:

携帯電話で送金、インターネットでTV電話、カラフルなエコカーの人気、家庭での太陽光発電。これらはすべて「新興国」と呼ばれる国々の日常だ。新興国の捉え方に誤解はないか。

【長島 聡、奥村 亜紀(ローランド・ベルガー) , ITmedia】()
視点:

なぜ日本企業は世界で勝てるブランドを確立できていないのだろうか。かつての「成功モデル」から脱し切れていないことがある。グローバルで勝つ7つの処方箋とは。

【鬼頭 孝幸(ローランド・ベルガー) , ITmedia】()
視点:

先進国を凌駕しうる非常に大きなポテンシャルを持つ新興国において、いかにして成功するか。新興国進出において、日本企業が陥りやすい3つの落とし穴について考えてみる。

【大野隆司、鶴見雅弘(ローランド・ベルガー) , ITmedia】()

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆